登録者数6億人 中国最大の口コミサイト 大衆点評の公式店舗登録からプロモーションまで
WeChat公式アカウント開設はこちら
WeChat Pay導入はこちら
WeChat 広告配信サービスはこちら
越境ECシステム構築サービスはこちら

アフターコロナに向けた中国人インバウンドを集客したい店舗の集客対策

インバウンドに関連した事業者の多くは、新型コロナウイルスを受け、大きな影響を受けています。数ある課題の中でも深刻なのが、訪日外国人の来客減少や売上減少です。特に、これまで訪日中国人に多く利用されていた飲食店や小売店はどのような集客施策を取っていくことができるのでしょうか。今回は、その効果的なアイデアをご紹介します。

DATE : 2020/10/06

1.中国人インバウンドの訪日の意欲は高まっている

コロナ禍により、日本国内では訪日中国人たちの姿を目にしなくなりました。しかし、遠く中国の地で、訪日したいと考えている中国人たちは、日本への熱望をなくしたわけではありません。

日本インバウンド・メディア・コンソーシアム(JIMC)が、2020年4月3日~4月5日に、新型コロナウイルスによるインバウンド市場への影響を把握するため、中国の人気SNSであるWeChat(微信・ウィーチャット)ユーザー145名を対象に、訪日旅行に関する緊急意識調査を実施したところ、「新型コロナウイルスによる影響が収束した後の国内外への旅行意欲」については、約79%の人が旅行に対して積極的でした。

また、「ダメージが大きい観光産業支援のためにも積極的に旅行をする」と回答した人は15.9%に上っています。

特に、訪日旅行については約72%が前向きにとらえており、「中国政府や日本政府が安全宣言を出したら行ってもよい」と答えたユーザーは58.6%にも上りました。

そして「新型コロナ終息後に行きたい国」を尋ねたところ、トップは「日本」で44%。日本への人気は如実に現れています。

このアンケート調査結果からは、思いのほか多くの中国人が訪日旅行の機会をうかがっていることがわかります。

2.アフターコロナに向けた集客方法

今後は、今までの常識とは異なる、ニューノーマルな改革が、集客にも求められています。

新しい施策と共に、訪日中国人が増えるであろうアフターコロナまでをも見据えたインバウンド集客施策を早期から実施しておくことが重要です。ここでは、ニューノーマル対応の効果的な集客方法をご紹介します。

2-1.「大衆点評」を活用する

大衆点評とは、中国最大級の口コミサイトです。コロナ以前からインバウンド集客には大いに利用されていましたが、コロナ禍により、ますます有効になってきています。

大衆点評には、世界中の3,000万以上もの店舗情報と消費者によるレビューが掲載されています。日本の店舗登録数は100万店舗以上にも上ります。

訪日中国人の55%が利用しており、月に55万人が日本のエリアのページを閲覧しています。もはや日本へ旅行する中国人にとって欠かせない情報ツールといっても過言ではありません。店舗登録や口コミなどはすべてユーザーが行っており、この大衆点評に店舗登録されているかどうかは、訪日中に店舗に訪れるかどうかの大きな基準となっているのです。

コロナ禍を受け、訪日客がストップしてしまっている今こそ、店舗は公式アカウント登録を行い、店舗情報を整え、ファンをできるだけ多く作っておくことが有効といえるのではないでしょうか。

公式登録すると、大衆点評内での検索結果の上位に表示させたり、大衆点評内での広告やWeb来店予約機能が利用できたりと、集客メニューが利用可能になります。こうしたツールを利用して大衆点評内で認知度を高めておくこと、ファンを多く作っておくことがポイントです。

2-2. WeChat(微信・ウィーチャット)などのSNSを活用する

中国で絶大なる人気を誇るWeChat(微信・ウィーチャット)やWeibo(微博・ウェイボー)といったSNSを通じて、ユーザーにアプローチして認知を高め、ファンを増やしておくことも有効です。

公式登録をして店舗情報を発信するのも一つの方法ですが、さらに有効な手段としてKOL(Key Opinion Leader)と呼ばれるインフルエンサーを活用する方法も効果が期待できます。なぜなら中国SNSではこのインフルエンサーが活発に活動しており、ユーザーから多くの信頼を得ているためです。企業発信情報よりも重視される傾向があることから、KOLを起用したインフルエンサーマーケティングを実施していくことは、中国人ユーザーに対して、大きな印象付けにつながるでしょう。

2-3.「体験型観光コンテンツ」需要に合わせたコンテンツ準備

国土交通省の平成31年3月付の「体験型観光コンテンツ市場の概観」世界のコト消費と海外旅行者の意識・実態の調査結果によると、世界では「コト消費」が進んでおり、インバウンドにおいても、「体験型観光コンテンツ」市場が活性化しているといいます。

そのような中、20カ国・地域海外旅行者の旅行実態WEBアンケートのうち、中国へのアンケート結果では、「今後海外旅行で体験したいコンテンツ」の上位3位は次の結果でした。

第1位 リラクゼーション 27%
第2位 ナイトツアー 27%
第3位 施設見学 26%

また、海外旅行時に求める体験価値として高いのは「できるだけゆっくり過ごしたい」、次いで「空いた時間に手軽に楽しみたい」でした。

日本の店舗は、ただ食べる、観るといった基本的なコンテンツを提供するだけではなく、「コト消費」「体験」にフォーカスしたコンテンツも合わせて提供していくことが求められています。

こうしたコンテンツを今から準備し、PRしていくことで将来の訪日中国人の数を増やす結果につながるはずです。

2-4.感染対策を徹底していることをアピールする

感染対策を徹底することは、日本での来客を迎える際にも欠かせません。例えば、スタッフのマスク着用、換気の実施、消毒ハンドスプレーの設置、店内消毒、店内座席の削減とソーシャルディスタンスの確保、シェアする料理をなくす、事前予約制にする、テイクアウト・デリバリーを実施する、キャッシュレス決済を導入する、オンライン接客を行う、ECサイトでの販売を始めるといったことは、すでに多くの店舗が実施しています。

こうした感染対策を徹底するのはもちろんのこと、徹底した上で、訪日を考えている中国人にSNSや大衆点評でアピールしていくことも、集客施策の一つになるでしょう。

3.まとめ

まだまだ日本国内では新型コロナの収束が見えない中、インバウンド集客の準備期間に充てることも有効ではないでしょうか。アフターコロナまでにファンを増やしておいた店舗に勝ち目があると考えられます。ぜひヒントにしてみてください。

中国マーケティング実施時におさえておきたい中国SNS最新調査データ無料ダウンロード

  • WeChatやWeiboなどの中国SNSについて知りたい
  • WeChatやWeiboが自社のマーケティングにどの様に役立つのか知りたい
  • WeChatやWeiboがなぜ人気なのか知りたい

会員数約5億人と言われているWeibo、アカウント数11億人のWeChatに関する
最新情報をご提供します。
中国SNS最新市場動向は?
中国SNSはビジネスにどの様に活かせる?
今後の流れは?

など、気になるポイントを
解消していただけます。
ぜひ、貴社の対中ビジネスに
ご活用ください。

中国SNS最新調査データをダウンロード
その他にも
  • ShopCNサービスのご案内
  • WeChat Pay導入支援 サービス概要
  • 中国マーケティング成功ノウハウ10選
  • WeChat/Weixin公式広告サービス概要
  • Weiboを活用した対中国向けプロモーションのご提案
  • ソーシャルメディアを活用した中国インバウンド戦略 セミナー資料

WeChat公式アカウント内越境ECショップShopCNサービスのご案内

  • 越境ECへ参加する方法について知りたい
  • WeChat公式アカウントでできるプロモーションとは?
  • どのように商品が掲載されるか具体的に見てみたい

日本では今、中国越境ECが
注目されています。
・訪日中国人観光客の爆買いの失速
・中国人の購買力のポテンシャル
・中国帰国後のリピート買い狙い
など、これから越境ECを始めようと
考えている方に
日本初のWeChat公式越境EC構築システム
ShopCNサービス資料を
ご案内いたします。

越境ECショップ ShopCNの資料をダウンロード
その他にも
  • 中国SNS最新調査データ
  • WeChat Pay導入支援 サービス概要
  • 中国マーケティング成功ノウハウ10選
  • WeChat/Weixin公式広告サービス概要
  • Weiboを活用した対中国向けプロモーションのご提案
  • ソーシャルメディアを活用した中国インバウンド戦略 セミナー資料

「微信(ウィーチャット)」は、中国テンセント社が運営する中国No.1のチャットアプリです。
当社では微信を使った様々な広告サービスをご用意しております。

「微博(ウェイボー)」とは中国の新浪公司が提供している中国No.1のミニブログです。当社では、微博公式アカウント開設・認証のお手伝いの他、運用に関わる様々なユーザーサポートサービスを提供しています。ユーザーの権利を保護し、なりすましアカウントの被害を最小限に抑えます。

「大衆点評」は世界中の店舗情報と消費者によるレビューを掲載する中国最大の生活情報アプリです。掲載情報はレストランに留まらず、ショッピング、エンターテイメント、ホテル、サロン、クリニックなど3000万件以上の登録店舗数で日本へ旅行する中国人にとって欠かせない情報ツールになっています。

PAGETOP