登録者数6億人 中国最大の口コミサイト 大衆点評の公式店舗登録からプロモーションまで
WeChat公式アカウント開設はこちら
WeChat Pay導入はこちら
WeChat 広告配信サービスはこちら
越境ECシステム構築サービスはこちら

食品を越境ECで販売するには?規制など解説!

世界に向けて自社商品を販売したいと考え、越境ECに取り組もうとするとき、もし「食品」を販売する場合、規制について各国の事情を確認することが大切です。特に中国では新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響下もあって食品の需要が増していることもあり、越境ECに取り組むのにおすすめの国です。そこで中国越境ECで食品を販売する際に押さえておきたいポイントも合わせてご紹介します。

DATE : 2022/05/20

1.越境ECで食品を販売する際に適した食品

一般的に、越境ECで食品を販売する際に適した食品にはどのようなものがあるのでしょうか。確認しておきましょう。

●軽量で体積の小さい商品
越境ECにおいては配送や送料の関係から、重量が軽量で、体積の小さい商品は利便性が高いようです。例えば菓子類やサプリメント、緑茶などのドリンク類がその主な例です。

●賞味期限が長いもの
越境ECでは、配送期間が長くて一か月、早くて2〜3日は要するため、できるだけ賞味期限の長いもののほうが越境ECに向いています。

●常温での配送が可能なもの
配送期間が長いということは、冷蔵商品などの場合、配送中に鮮度が損なわれてしまいます。常温で温度管理や鮮度管理が容易なものが取り扱いやすいといえます。

●コロナ禍で伸びた内食需要を満たすもの
世界的に、コロナ禍によって内食需要が高まっていることから、その需要を満たす、簡便な食品や家でのおかずの手作りの助けとなる補助食材などは越境ECにおいても有効といえます。

2.越境ECの食品は中国がおすすめ

特に越境ECで食品を販売するなら、中国が狙いめといえます。その理由として、コロナ禍による需要増しが挙げられます。

天猫国際という中国で主要な越境ECプラットフォームにおける、2020年に売上が好調だった商品カテゴリーのうち、特に「食品・飲料」と「マタニティ・ベビー用品」が前年比2,000倍以上の伸び率となり、急速に成長しています。
食品・飲料については、「植物タンパク飲料」が売れ筋でした。

また、調査会社のiiMedia Researchが発表した「2019~2020年中国越境ECユーザー規模と行為分析」によると、2019 年に消費者が最も気に入った越境商品カテゴリーの上位は次の順で多い結果となっています。

1位 メイクアップ・美容関連商品(構成比 35.8%)
2位 健康食品・サプリメント(31.2%)
3位 シャンプー、ボディソープ、歯磨き粉などのパーソナルケア商品(24.4%)
4位 食品・飲料(20.5%)
5位 デジタル家電(16.7%)
6位 アパレル・バッグ類(14.4%)

食品・飲料は4位にランクインしており、中国人消費者に人気といえます。

これらのことから、食品は中国越境ECには好適なカテゴリーといえます。

3.中国越境ECで食品を販売する際に押さえておきたいポイント

一方で、中国で食品を販売する際にはいくつか条件があります。また、押さえておきたいポイントも合わせて確認しておきましょう。

3-1.中国語での商品説明への対応

2019年1月1日に施行された「中国電子商取引法」への対応も必要です。中国国内の事業者はもちろんのこと、中国においてインターネットを活用して商品を販売するすべての事業者・個人も対象となるため、越境ECへ取り組む日本企業も含まれます。

主要な内容として、登記や納税義務などがあり、行政許可を取得する必要があります。ECサイトのトップページの分かりやすい位置に、営業許可証や行政許可情報を表示しなければなりません。

3-2.10都県における食品輸入規制

中国は、日本で2011年3月11日に発生した原発事故に伴い、輸入停止措置を講じています。宮城、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、長野においては、すべての食品、飼料の中国への輸入が停止されています。新潟は、米を除く食品、飼料の中国への輸入が停止されています。

3-3.偽物販売に対する責任

ECプラットフォームで販売された商品が偽物だった場合、販売者の他、プラットフォー
ム運営会社も責任を問われることになります。

4.まとめ

中国の越境ECでは食品の需要が高まっています。きっと多くの日本事業者は食品販売に対して意欲的と考えられます。規制や条件、押さえておきたいポイントを踏まえて、食品販売を実施していきましょう。

【関連情報】

化粧品・コスメ越境EC出品代行
日用品・雑貨越境EC出品代行

サービスのご紹介

急速に成長し続けている中国越境EC市場へ
これから参入を検討されている企業様におすすめのサービスです。

越境ECサービス

越境EC構築システム「ShopCN」

越境EC構築システム『ShopCN(ショップシーエヌ)』は、月間10億以上のユーザー(2018年3月時点)が利用する「WeChat/微信」の公式アカウント上に API で連携、自社越境 EC サイトを構築できる日本初のサービスです。

越境EC構築システム「ShopCN」

越境ECサイト「淘最(タオズイ)JAPAN」出品代行サービス

WeChat内の越境ECサイト「淘最(タオズイ)JAPAN」に最短1週間のスピード出品が可能なサービスです。日本語による商品情報の提供と、国内倉庫に商品を送っていただくだけ!自社ECサイト構築が不要なため、低コストで早期に始めたい企業様におすすめです。

越境ECサイト「淘最(タオズイ)JAPAN」出品代行サービス

その他サービス

WeChat/Weixinプロモ―ション事業

「微信(ウィーチャット)」は、中国テンセント社が運営する中国No.1のチャットアプリです。
当社では微信を使った様々な広告サービスをご用意しております。

WeChat/Weixinプロモ―ション事業

Weiboプロモ―ション事業

「微博(ウェイボー)」とは中国の新浪公司が提供している中国No.1のミニブログです。当社では、微博公式アカウント開設・認証のお手伝いの他、運用に関わる様々なユーザーサポートサービスを提供しています。

Weiboプロモ―ション事業

大衆点評

「大衆点評」は世界中の店舗情報と消費者によるレビューを掲載する中国最大の生活情報アプリです。
3000万件以上の登録店舗数で日本へ旅行する中国人にとって欠かせない情報ツールになっています。

大衆点評

「微信(ウィーチャット)」は、中国テンセント社が運営する中国No.1のチャットアプリです。
当社では微信を使った様々な広告サービスをご用意しております。

「微博(ウェイボー)」とは中国の新浪公司が提供している中国No.1のミニブログです。当社では、微博公式アカウント開設・認証のお手伝いの他、運用に関わる様々なユーザーサポートサービスを提供しています。ユーザーの権利を保護し、なりすましアカウントの被害を最小限に抑えます。

「大衆点評」は世界中の店舗情報と消費者によるレビューを掲載する中国最大の生活情報アプリです。掲載情報はレストランに留まらず、ショッピング、エンターテイメント、ホテル、サロン、クリニックなど3000万件以上の登録店舗数で日本へ旅行する中国人にとって欠かせない情報ツールになっています。

PAGETOP