日本で続々!WeChat Pay(微信支付)が使える店 その導入効果とは?

日本の店舗が次々と、中国人観光客向けの決済サービス「WeChat Pay(微信支付)」を導入しています。先日は、ドン・キホーテが国内37店舗で対応をスタートしました。
このWeChat Pay(微信支付)が使えることで、どんなメリットが店舗にもたらされるのでしょうか。そのWeChat Pay(微信支付)ならではの強みに迫ります。

DATE : 2017/10/02

1. 日本で続々導入されるWeChat Pay(微信支付)

2015年にWeChat Pay(微信支付)が日本で導入されはじめてから、導入店舗がどんどん増えてきました。現在は日本国内で、7000店舗以上で導入されているといわれています。
その代表的な導入店舗をピックアップしてみました。

●大丸松坂屋百貨店
2015年9月 大丸・松坂屋の基幹8店舗の化粧品売場などで導入開始

●ロフト
2016年2月 渋谷ロフト、有楽町ロフト、なんばロフトより導入開始

●プランタン銀座
2016年5月 導入開始

●羽田空港の店舗
2016年6月 羽田国際線ターミナル免税店TIAT DUTY FREE SHOP CENTRALで導入開始
2016年7月 BVLGARI、GUCCIなど利用可能店舗拡大

●ラオックス
2016年8月 秋葉原本店から導入開始

●ラコステジャパン
2016年8月 直営9店舗で先行導入開始

●成田国際空港内の24店舗
2016年9月 導入開始

●イオン
2016年11月 イオン成田店から導入開始

●ココカラファイン・サンドラッグ
2017年1月 導入開始

●小田急百貨店
2017年1月 導入開始

●ドン・キホーテ
2017年6月 国内37店舗で導入開始

大手百貨店や空港などのほか、多くの中国人観光客が利用するとみられるブランドショップ、家電量販店、アパレルショップなどの導入が目立ちます。今後も、どんどん導入店舗が増えていくと予測できます。

2. WeChat Pay(微信支付)のしくみ

WeChat Pay(微信支付)は、日本でいうLINEに似た中国で人気のチャットアプリであるWeChat(微信・ウィーチャット)を提供するテンセントが手掛ける決済サービスです。

その決済のしくみと流れを確認しておきます。

ユーザーは、あらかじめスマートフォン上でWeChat Pay(微信支付)が使える状態にしておきます。自分の銀行口座と紐づけて、決済できるよう、銀行にお金を入金しておきます。デビットカード機能と同様、即座に銀行口座から引き落とされる仕組みです。

そしてWeChat Pay(微信支付)決済ができる店舗のレジで、自分のユーザー識別情報が記されたQRコードをスマホ画面上に表示させ、店員に見せます。すると店員はレジで決済金額を入力後にお客さんのQRコードをスキャンして読み取り、認識されれば決済完了です。

3. WeChat Pay(微信支付)を導入する効果

WeChat Pay(微信支付)を導入することで、どのような効果を生み出す可能性があるのかをみていきましょう。

3-1.来店促進

インバウンド施策としては大きいといえます。日本人からすれば同じ店舗でも、中国人からすれば、見ず知らずの異国の店舗。そこへ自分たちが日常的に活用するWeChat Pay(微信支付)が使えると知れば、来店促進につながります。おなじみのロゴマークを見ることで安心感を生むこともあるでしょう。

3-2.少額決済の増加

スマホ決済の利点である、「財布を出さず、スマホだけでサッと買える」という利点から、少額決済の増加にもつながるといわれています。

3-3.継続利用の促進

店舗でWeChat Pay(微信支付)決済を行ったユーザーは、自動的に公式アカウントのフォロワーに設定されるようになっています。
このように決済後、店の会員やファンになってもらい、リピート化を促すことができます。また、企業は得た個人情報を次なるマーケティング施策に活かすこともできます。

4. まとめ

WeChat Pay(微信支付)は、今後もどんどん日本店舗に導入されていくと予測できます。ポイントになるのは、ただ導入するだけでなく、いかに決済後もユーザーとの関係を継続させて、エンゲージメントを強化するかというところにあります。
また、WeChat(微信・ウィーチャット)との併用によるプロモーションにも可能性が見出せます。

中国マーケティング実施時におさえておきたい中国SNS最新調査データ無料ダウンロード

  • WeChatやWeiboなどの中国SNSについて知りたい
  • WeChatやWeiboが自社のマーケティングにどの様に役立つのか知りたい
  • WeChatやWeiboがなぜ人気なのか知りたい

会員数約5億人と言われているWeibo、アカウント数11億人のWeChatに関する
最新情報をご提供します。
中国SNS最新市場動向は?
中国SNSはビジネスにどの様に活かせる?
今後の流れは?

など、気になるポイントを解消していただけます。
ぜひ、貴社の対中ビジネスにご活用ください。

中国SNS最新調査データをダウンロード
その他にも
  • 中国マーケティング成功ノウハウ10選
  • WeChat/Weixin公式広告サービス概要
  • Weiboを活用した海外需要の取り込み
  • ソーシャルメディアを活用した中国インバウンド戦略 セミナー資料
PAGETOP