参考にしたい代表的な中国ECサイトの特徴

日本企業か中国ECに乗り出す場合、まず、中国人が現状どのようなサイトで、どのようなものを購入しているのかを把握することが先決です。そこで今回は、中国人たちがよく利用している代表的な中国ECサイトの概要をご紹介します。

DATE : 2017/04/20

1. 中国ECサイトの動向

近年、中国ECサイトにおいて大きな勢力があるのが、アリババ社です。数種類のECサイトを運営しており、それぞれ人々のニーズに応えています。
アリババ社のECにおける年間取引額は2016年時点で3兆元を超えており、日本円でいうと約51兆円。さらに中国のECが特に盛り上がる11月11日のシングルデーには、2016年には前年の記録を更新し、1,207 億元にも上ったといわれています。日本円でいうと約1.8兆円です。この額を一日で売り上げたとは脅威的です。
このようなECサイトの膨大な集客と販売実績には、どのような背景があるのでしょうか。アリババ社が運営するECサイトのほか、他の企業が展開する人気の中国ECサイトを含めた、主要な中国ECサイトの特徴から探ってみましょう。

2. 勢力のある中国ECサイトの特徴

2-1. 淘宝網(Taobao.com)/アリババ

まず、中国人たちが何かをECサイトで買いたいと思ったときに、商品が売られているかどうかや、最安値のチェックのために利用されているのが、CtoCのECサイト「淘宝網(Taobao.com)」です。CtoCとはいえ、中小企業なども出店しているため、BtoCも含まれます。出品者や出店数の多さから、自ずと競争率が高まっていることから、全体的に価格が安いのが特徴です。また、食品、電化製品、衣類、化粧品、家具などあらゆるジャンルが揃っている、品ぞろえの豊富さも人気の理由です。
中国ECに取り組む際には、自社が売ろうとしている商品と同ジャンルの商品が、淘宝網でどのくらいの価格で売られているのかを確認するのに使えます。また、越境ECへ本格的に乗り出す前に、まずは個人として淘宝網で出店して様子をみてから公式出店するという方法もあります。

2-2. 天猫(Tmall.com)/アリババ

こちらはBtoCの企業の公式ショップが集まるサイトです。日本の大手企業も数多く出店しています。淘宝網と比べるとやや価格は上がるものの、公式通販だから得られる「正規品」「偽物ではない」という安心さが人気です。
越境ECに取り組む日本企業にとっては、最も親和性が高いでしょう。越境EC専門の天猫国際(Tmall.HK)もあり、中国法人がなくても出店できるほか、外貨決済に対応しているため、日本円で入金されるというメリットもあります。

2-3. 京東商城(JD.com)/京東集団

こちらもBtoCのサイトです。ショッピングモール型の淘宝網や天猫と異なり、総合小売店としてECを展開しています。淘宝網や天猫は、ちょうど日本の「楽天市場」に近いものですが、京東商城は「Amazon」に近いといわれています。
強い商品ジャンルはパソコンや家電、携帯電話などですが、家具、アクセサリー、化粧品などもあり、幅広く展開しています。
アリババ社が展開するECサイトの利用者層よりも、やや高所得層に利用されているといわれています。
こちらも越境EC向けに「京東 全球購(JD World Wide)」があり、中国法人不要で出店できます。

3. 越境ECの土台は用意されている

今、越境ECの土台は数多く用意されています。しかし、出店したは良いものの、その投資に見合った売り上げの成果を出すには、やはり中国で人気のあるECサイトをよく観察し、傾向を掴んで学ぶことも重要といえます。

また、時世を読み解き、爆買い終息といわれている中、「自分用の消耗品を適度に買う」意向に合わせた商品展開や、「日本でしか買えないもの」を意識するなど、中国人たちの心理に合わせた商品選びも重要になってきます。

4. まとめ

いかがでしたでしょうか。中国ECで成功するためには、まずは人気のECサイトの観察からはじめてみたいものです。そして中国人消費者の目になって、客観的に見ることで、日本企業の店舗がどのような展開をすべきかが自ずと見えてくるでしょう。

中国マーケティング実施時におさえておきたい中国SNS最新調査データ無料ダウンロード

  • WeChatやWeiboなどの中国SNSについて知りたい
  • WeChatやWeiboが自社のマーケティングにどの様に役立つのか知りたい
  • WeChatやWeiboがなぜ人気なのか知りたい

会員数約5億人と言われているWeibo、アカウント数11億人のWeChatに関する
最新情報をご提供します。
中国SNS最新市場動向は?
中国SNSはビジネスにどの様に活かせる?
今後の流れは?

など、気になるポイントを解消していただけます。
ぜひ、貴社の対中ビジネスにご活用ください。

中国SNS最新調査データをダウンロード
その他にも
  • 中国マーケティング成功ノウハウ10選
  • WeChat/Weixin公式広告サービス概要
  • Weiboを活用した海外需要の取り込み
  • ソーシャルメディアを活用した中国インバウンド戦略 セミナー資料
PAGETOP