登録者数6億人 中国最大の口コミサイト 大衆点評の公式店舗登録からプロモーションまで
WeChat公式アカウント開設はこちら
WeChat Pay導入はこちら
WeChat 広告配信サービスはこちら
越境ECシステム構築サービスはこちら

【中国マーケティング】今はECがねらいめ!アフターコロナに備えて準備しよう

新型コロナウイルスの影響がある中で、中国向けにマーケティングをして集客したい場合今はECに注力するのがおすすめです。ある調査では、中国では今日本製品購入のEC利用が増えており、さらにコロナ終息後のアフターコロナでは日本に訪問して購入したいという前向きな意向があることがわかりました。

今回は中国の日本製品購入の現状や、今やっておくべき施策についてご紹介します。

DATE : 2020/06/11

1.日本製品の購入は新型コロナウイルスの影響でEC利用が増加

株式会社プラネットが発表している「中国における緊急調査報告書」によれば、訪日経験3回以上で、かつ1年以内に訪日した中国主要都市の20~59歳の男女を対象に、2020年3月25日~30日に調査した結果から興味深いことがわかりました。

新型コロナウイルス感染拡大により、彼らの日常生活は在宅傾向にあり外での買い物も減っている中、ネットでの買い物については「とても増えた」「やや増えた」合わせて70%にも上っています。

このうち日本製品のネット購入については、新型コロナの影響が出る以前と比較すると、ECサイト(T-mallや京東など)での各ジャンルの購入率が、全体的に10%前後上がっていました。

日本を訪れて購入することがむずかしい今、「それならECを利用しよう」とネット上で日本製品を探す中国人の動きが顕著に現れています。

2.新型コロナウイルス終息後の中国人の思い

同調査では、将来日本への渡航制限が解除されたら「これまで通り日本を訪問したい」と思うかという問いもあり、「思う」が全体の29.3%を占めていました。また「状況をよくみて日本を訪問するかどうか判断したい」と回答したのは56.7%でした。まだ渦中にある中での判断なので、少々シビアな見方がされていますが訪日の意向は大いにあるようです。

また外出制限されている生活の中で、80%以上の人がネットでの情報収集が増えたと回答しており、日本への旅行計画に関する情報収集をする人が約40%増え、普段と変わらなかったという回答と合わせると約60%となっていました。このことからも、訪日を前向きに検討していることがわかります。

3.アフターコロナに備えて実施しておきたい店舗施策

これまで訪日中国人を実店舗に集客する施策を打っていた日本店舗にとって、アフターコロナにどれだけ来店してもらえるかが勝負といえます。今の時期に、いかに訪日見込み客との接点を作っておくかが重要になります。
ここではアフターコロナに備えて、店舗が中国人インバウンドを集客するためにできることをご紹介します。

3-1.越境ECに乗り出す

店舗の商品のうちECで販売できる商品を、中国越境ECを通して販売するというのは一つの大きな戦略といえます。大規模な販売サイトに着手するのがむずかしい場合には、メッセージングアプリ「WeChat(微信・ウィーチャット)」内で「ShopCN(ショップシーエヌ)」という越境EC構築システムを利用して自社越境ECサイトを実現する方法がおすすめです。中国大手ショッピングモールの審査の厳しさや、保証金と年間利用料が高額であるといったハードルを低くしてくれます。

3-2.口コミサイト「大衆点評」で良質の口コミを集めておく

中国最大級といわれ、多くの訪日中国人が訪日前にチェックしている口コミサイト「大衆点評」で良質の口コミを増やして来店意欲を高めておきましょう。店舗の公式アカウントを取得すれば店舗情報の更新ができ、広告やクーポン配布などの施策も行えます。このようにして、ユーザーからの信頼性を高めて良質の口コミを集めていくことができます。

3-3.WeChat(微信・ウィーチャット)などのSNSで接点を作っておく

訪日を希望している中国人との接点を今のうちに作っておき、アフターコロナに来店してもらいましょう。そのためにも、多くの中国人と接点を作り出せるSNSであるWeChat(微信・ウィーチャット)で公式アカウントを取得し、広くユーザーに対して情報発信し、コミュニケーションを取っておくのも有益です。

4.まとめ

新型コロナウイルスの影響は、中国マーケティングにおいて非常に大きい打撃となっていることは間違いありません。だからこそ、アフターコロナに向けて今できることを120%実施しておくことが重要といえます。

中国マーケティング実施時におさえておきたい中国SNS最新調査データ無料ダウンロード

  • WeChatやWeiboなどの中国SNSについて知りたい
  • WeChatやWeiboが自社のマーケティングにどの様に役立つのか知りたい
  • WeChatやWeiboがなぜ人気なのか知りたい

会員数約5億人と言われているWeibo、アカウント数11億人のWeChatに関する
最新情報をご提供します。
中国SNS最新市場動向は?
中国SNSはビジネスにどの様に活かせる?
今後の流れは?

など、気になるポイントを
解消していただけます。
ぜひ、貴社の対中ビジネスに
ご活用ください。

中国SNS最新調査データをダウンロード
その他にも
  • ShopCNサービスのご案内
  • WeChat Pay導入支援 サービス概要
  • 中国マーケティング成功ノウハウ10選
  • WeChat/Weixin公式広告サービス概要
  • Weiboを活用した対中国向けプロモーションのご提案
  • ソーシャルメディアを活用した中国インバウンド戦略 セミナー資料

WeChat公式アカウント内越境ECショップShopCNサービスのご案内

  • 越境ECへ参加する方法について知りたい
  • WeChat公式アカウントでできるプロモーションとは?
  • どのように商品が掲載されるか具体的に見てみたい

日本では今、中国越境ECが
注目されています。
・訪日中国人観光客の爆買いの失速
・中国人の購買力のポテンシャル
・中国帰国後のリピート買い狙い
など、これから越境ECを始めようと
考えている方に
日本初のWeChat公式越境EC構築システム
ShopCNサービス資料を
ご案内いたします。

越境ECショップ ShopCNの資料をダウンロード
その他にも
  • 中国SNS最新調査データ
  • WeChat Pay導入支援 サービス概要
  • 中国マーケティング成功ノウハウ10選
  • WeChat/Weixin公式広告サービス概要
  • Weiboを活用した対中国向けプロモーションのご提案
  • ソーシャルメディアを活用した中国インバウンド戦略 セミナー資料

「微信(ウィーチャット)」は、中国テンセント社が運営する中国No.1のチャットアプリです。
当社では微信を使った様々な広告サービスをご用意しております。

「微博(ウェイボー)」とは中国の新浪公司が提供している中国No.1のミニブログです。当社では、微博公式アカウント開設・認証のお手伝いの他、運用に関わる様々なユーザーサポートサービスを提供しています。ユーザーの権利を保護し、なりすましアカウントの被害を最小限に抑えます。

「大衆点評」は世界中の店舗情報と消費者によるレビューを掲載する中国最大の生活情報アプリです。掲載情報はレストランに留まらず、ショッピング、エンターテイメント、ホテル、サロン、クリニックなど3000万件以上の登録店舗数で日本へ旅行する中国人にとって欠かせない情報ツールになっています。

PAGETOP