これはうまい!中国プロモーションはこう実践する!

SNSをはじめとしたインターネット利用が爆発的に多い中国。そんな活性化する中国市場へプロモーションをかけていくことは、決して新しいことではなく、すでに多くの日本企業が着手していることです。

そんな中国プロモーションの事例の中でも、特に、中国という市場や国民的な観点から、うまく実践しているといえる事例を見ていきましょう。

DATE : 2016/11/01

1.中国プロモーションのうまい事例3つ

中国プロモーションには、大きく分けて二つあります。それは中国に向けてECサイトを作り、中国人ユーザーたちを集客する方法です。もう一つが、日本に観光などで訪れた訪日中国人観光客へアプローチする方法です。
さらに、この二つを別々に活用したプロモーション方法だけでなく、両方を活用したプロモーション方法もあります。このような方法を用いて、中国という国や中国人たちに特化したプロモーションがとくに“うまい”といえる事例を見ていきましょう。

1-1.中国への「越境EC」プロモーション事例

2016年4月に中国政府が税制上の優遇を行ったことにより、中国における日本の越境ECサイトでは、日本国内で買うよりも安く買えるようになっています。
こうした今チャンスというべき中国越境ECへ参入するには、やはり準備が必要になります。しかし、自社サイトをただ中国向けに作るといった場合、集客に時間がかかるため、中国の人気ECモールに出店するのが主流になっています。日本でいう楽天やヤフーに出店するのと同じ方法です。
もし日本では売れているが、中国で売れなかったらどうしよう、という不安がある場合、まずは「出品」だけをする方法を取る企業もあります。店舗を出すのではなく、単品で出品し、まずは売れ具合を見ているのです。
このような「モール出店」「出品」は慎重なプロモーション事例ではありますが、ポイントは、この「中国で売れる商品を実際に売ってみてリサーチする」ところにあります。

1-2.中国人「インバウンド」向けプロモーション事例

越境ECのほうが実店舗よりも安く買えることもあり、中国人の日本での「爆買い」傾向が低迷しています。よって、実店舗に誘導することは急務といえます。このような中、いかにインバウンドの購買率を高めるかを考えたときに、有効なのが「サンプリング」の方法です。
中国人向けWebサイトを制作し、今中国で人気のSNS「Weibo(微博・ウェイボー)」上の口コミ拡散などを利用して、商品・ブランド認知を図ります。そして商品のサンプルを郵送し、実際に使ってもらうことで、好印象が得られたユーザーに「この商品、日本のどこで売ってるの?」「今度日本に行ったときに買おう」と思わせるという方法です。
爆買い傾向が減少する中、口コミ拡散による実店舗誘導は、欠かせない施策といえます。

1-3.「越境EC」と「インバウンド」両方を活用した中国プロモーション事例

越境ECとインバウンド両方を活用した方法もあります。まずは中国国内で、ネットを介してクーポンを配布し興味を引きます。これには、KOL(Key Opinion Leader)と呼ばれる中国で絶大な支持を集めるインフルエンサーに情報を拡散してもらう方法が効果的です。
例えば、KOLが発信した情報を見たファンたちは、「この人が勧めているくらいだからよほどトレンドに乗った、良いものなのだろう」と思い、買い物リストにその商品を追加する可能性が高まります。そうなれば、ファンたちが日本に訪れた際、その商品を購入する可能性は上がるでしょう。そしてファンたちが帰国後、その気に入った商品を販売する越境ECサイトの存在を知れば、帰国後もリピート購入してもらえる可能性もあります。
この事例では、まずはインバウンドを店舗に呼び込み、その後、リピーターを越境ECで拾うという良いサイクルを作っています。

2.中国プロモーション事例のお手本にしたいポイント

これらの中国プロモーション事例は、ただ同じ手順で行うだけでは効果の面で大きな違いが出てきてしまいます。そこで今回ご紹介した事例の中で、お手本にしたいポイントをまとめてみました。

2-1. 中国人観光客の買い物リストをリサーチ

ただ闇雲に、商品を越境ECで売るのは、リスクがあります。そこで重要なのは、中国人観光客の買い物リストをあらかじめリサーチすることです。日本に訪れたとき、どんなものを買って帰っているのかを知ることで、「日本のECサイトから買いたい」商品を知ることができるのです。

2-2.SNSを駆使している

今、中国ではSNSの拡大が爆発的に進んでいます。KOLといったインフルエンサーに協力してもらうのはもちろん、SNSの公式アカウントを開設して積極的に乗り出すことは、今、とてもタイムリーであるといえます。
SNSを駆使すれば、越境EC、インバウンド両方のプロモーションにも役立ちます。

3.まとめ

中国プロモーションは、中国人の消費動向が変化する中で、時流に合わせて、効果のあるものを常に探し、実施していくことがポイントになりそうです。
これらの事例を元に、常に現状に合わせた方法で施策を打っていくことが、売り上げを拡大する一番の方法といえそうです。

中国マーケティング実施時におさえておきたい中国SNS最新調査データ無料ダウンロード

  • WeChatやWeiboなどの中国SNSについて知りたい
  • WeChatやWeiboが自社のマーケティングにどの様に役立つのか知りたい
  • WeChatやWeiboがなぜ人気なのか知りたい

会員数約5億人と言われているWeibo、アカウント数11億人のWeChatに関する
最新情報をご提供します。
中国SNS最新市場動向は?
中国SNSはビジネスにどの様に活かせる?
今後の流れは?

など、気になるポイントを解消していただけます。
ぜひ、貴社の対中ビジネスにご活用ください。

中国SNS最新調査データをダウンロード
その他にも
  • 中国マーケティング成功ノウハウ10選
  • WeChat/Weixin公式広告サービス概要
  • Weiboを活用した海外需要の取り込み
  • ソーシャルメディアを活用した中国インバウンド戦略 セミナー資料
PAGETOP