日本人は想定外?訪日中国人が好む日本のスポット

訪日中国人の数は年々増えています。日本政府観光局(JNTO)の統計によると、2014年の約240万人から2017年は約735万人と、3年で約3倍に増加しています。
このような中、訪日中国人たちは日本のどのようなスポットを訪れているのでしょうか。その人気スポットの中には、日本人の予想外のスポットもあるようです。まずは中国人たちに人気のスポットを見ていきましょう。

DATE : 2018/06/13

1.SNS発信地点ランキング

まずはRJCリサーチによる「インバウンドレポート 2016」から。中国人に限らず、訪日外国人たちがWeiboやTwitterなどのSNSで日本国内滞在中に発信した投稿のうち、約92万件の解析結果データを集計対象として、どのようなスポットが発信地点となったのかの総合ランキングが発表されました。

SNS発信地点ランキング(総合)
第1位 USJ
第2位 東京ディズニーランド
第3位 富士山
第4位 東京タワー
第5位 大阪城

RJCリサーチの分析では、USJと東京ディズニーランドはオールシーズン型であることやSNS投稿したくなるような数々の感動を提供するテーマパークであることがSNS投稿の年間総量を押し上げたとされています。総合ランキングでは、このように日本人でも納得のいく結果になっています。

また、ジャンル別にみてみると、見学スポット部門のTOP3は東京タワー、大阪城、浅草
寺、自然スポット部門は富士山、上野公園、江の島、グルメスポットは築地市場、かに道楽、一蘭、ショッピングスポットは六本木ヒルズ、ダイバーシティ東京プラザ、サンシャインシティとなっていました。

いずれも想像つきやすい結果となっています。グルメスポットの一蘭は福岡県発のラーメン店チェーンですが、そのラーメンのめずらしさや美味しさに加え、2015年4月にISO22000を取得して国際的に食品の安全システムが認められたことも人気の背景なのかもしれません。

2.旅行専門サイト「蟻蜂窩」による人気のスポットランキング

中国人たちは特にどのようなスポットを好んでいるのでしょうか。旅行専門サイト「蟻蜂窩」が発表した中国人の人気スポットランキングでは、次の結果となっています。

第1位 奈良公園
第2位 河口湖
第3位 富士山5合目

4位以下は、江ノ電鉄・鎌倉高校前駅、大涌谷、沖縄美ら海水族館、富士急ハイランド、忍野八海、江ノ島、函館山と続いています。

数ある日本の観光地のうち、富士山が評価されるのは理解しやすいですが、奈良公園と河
口湖がランクインしていたのが気になります。

奈良公園は、天然記念物の鹿と直接触れ合えることが人気の理由となっているようです。また、そもそも鹿は中国では縁起がよいと考えられていることも、わざわざ京都や大阪から足を運ぶ理由のようです。

河口湖は富士五湖の一つに数えられ、日本を誇る観光地の一つであり、人気があるのは特に疑問は感じませんが、これは中国人の富士山人気からきていると考えられています。さらに河口湖はインバウンド受け入れの観光地としての開発も進んでおり、中国系資本のホテルが多く、中国からの団体客も多いことが挙げられるようです。

3.中国で「コト」消費が拡大

ところで近年、中国人の間では「コト」消費が拡大しています。「モノ」を消費するのではなく、体験をして消費をする潮流があります。特に高所得層ほど文化や教育、娯楽などの支出が多く、何らかの楽しみを伴う体験が求められています。

ジェトロのエリアリポートによると、中国では上海市などの沿海部から内陸部の都市まで、体験型消費を満たすスポットが広がっており、例えば「洋書・日本語書籍やデザイ ン性の高い雑貨などを豊富にそろえた複合型書店」、「シネマコンプレックス」、「フィットネスジム」、「英会話や音楽などの教室」、「スケートリンク」、「工作や陶芸を楽しめる DIY(手作り)エリア」などがあるといいます。

日本製の日用品は越境ECを利用すれば簡単に購入できるようになった今、日本の現地に訪れた際に、いかに日本ならではの「コト」消費体験を中国人に提供できるかが重要になってくると考えられています。

4.まとめ

外国人、及び中国人の日本の人気スポットの中には、日本の定番スポットもあれば、日本人にとっては意外なものまで存在していました。これらの中国人に人気のスポットは、今後、コト消費傾向に移っていくと考えられています。

中国マーケティング実施時におさえておきたい中国SNS最新調査データ無料ダウンロード

  • WeChatやWeiboなどの中国SNSについて知りたい
  • WeChatやWeiboが自社のマーケティングにどの様に役立つのか知りたい
  • WeChatやWeiboがなぜ人気なのか知りたい

会員数約5億人と言われているWeibo、アカウント数11億人のWeChatに関する
最新情報をご提供します。
中国SNS最新市場動向は?
中国SNSはビジネスにどの様に活かせる?
今後の流れは?

など、気になるポイントを
解消していただけます。
ぜひ、貴社の対中ビジネスに
ご活用ください。

中国SNS最新調査データをダウンロード
その他にも
  • ShopCNサービスのご案内
  • WeChat Pay導入支援 サービス概要
  • 中国マーケティング成功ノウハウ10選
  • WeChat/Weixin公式広告サービス概要
  • Weiboを活用した海外需要の取り込み
  • ソーシャルメディアを活用した中国インバウンド戦略 セミナー資料

WeChat公式アカウント内越境ECショップShopCNサービスのご案内

  • 越境ECへ参加する方法について知りたい
  • WeChat公式アカウントでできるプロモーションとは?
  • どのように商品が掲載されるか具体的に見てみたい

日本では今、中国越境ECが
注目されています。
・訪日中国人観光客の爆買いの失速
・中国人の購買力のポテンシャル
・中国帰国後のリピート買い狙い
など、これから越境ECを始めようと
考えている方に
日本初のWeChat公式越境EC構築システム
ShopCNサービス資料を
ご案内いたします。

越境ECショップ ShopCNの資料をダウンロード
その他にも
  • 中国SNS最新調査データ
  • WeChat Pay導入支援 サービス概要
  • 中国マーケティング成功ノウハウ10選
  • WeChat/Weixin公式広告サービス概要
  • Weiboを活用した海外需要の取り込み
  • ソーシャルメディアを活用した中国インバウンド戦略 セミナー資料
PAGETOP