WeChat(微信・ウィーチャット)内に店舗を開設!ユーザーを取り込もう!

中国で人気のWeChat(微信・ウィーチャット)は、中国プロモーションを行う企業にとっても今、注目を集めているツールです。ブランド認知のための情報を掲載するほか、ちょっとしたニュースなどの情報提供から動画配信まで、さまざまな使い方があります。
その中でも、WeChat(微信・ウィーチャット)内にネットショップを開設し、商品を販売するということもできます。そこで今回はWeChat(微信・ウィーチャット)上で店舗を開設する方法やメリット、注意点などをご紹介します。

DATE : 2018/02/08

1.WeChat(微信・ウィーチャット)内に店舗を開設!「微店(ウェイテン)」とは?

WeChat(微信・ウィーチャット)では、ユーザーへものを販売することができます。その企業が出店できるWeChat(微信・ウィーチャット)内のモールのような場所として「微店(ウェイテン)」と呼ばれるものがあります。

まずは微店(ウェイテン)でアカウントを作成したら、公式アカウントの画面上で、メニューや商品紹介ページを作成することができます。商品一覧を作ったり、商品を複数登録したりすれば、ユーザーはスマートフォン上で複数の商品を閲覧・購入できるようになります。商品のネット販売が気軽に行えるのがこの微店(ウェイテン)です。

2.WeChat(微信・ウィーチャット)内に店舗を開設するメリット

WeChat(微信・ウィーチャット)においては、微店(ウェイテン)の他にも店舗を開設する方法は複数あります。では、WeChat(微信・ウィーチャット)内に店舗を開設すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

2-1. WeChat(微信・ウィーチャット)で日本製品をアピールできる

一番のメリットは、やはりWeChat(微信・ウィーチャット)という膨大なユーザー数を誇るSNSで日本製品をアピールすることが可能な点です。WeChat(微信・ウィーチャット)の運営元であるテンセント社が2017年8月に発表した報告書によると、月間アクティブ数は9億6千人を超え、10億人に手が届くまでになっているといわれています(THE BRIDGEより)。
そのような中、日本製品を打ち出していけることは、個人ユーザーや代行業者の認知が高まるという点において、メリットが大きいと考えられます。

2-2.スマートフォンで手軽に購入を促すことができる

ユーザーにとってもメリットがあります。企業の公式アカウントページを見ているうちに商品に興味を持ち、「どこで買えるのかな?」と思うシーンもあるはずです。そんなときにスマホで手軽に購入でき、さらに決済手段としてWeChat Payを選べるようにしておけば、WeChat(微信・ウィーチャット)愛用ユーザーにとっても便利です。

2-3.信頼できる店として出店できる

中国人は偽物販売や詐欺などにとても警戒しているといわれています。その点、微店(ウェイテン)において出店をする場合、はじめからユーザーにとって安心の信頼できるショップとして認識してもらえます。結果的に売り上げも伸びると考えられます。

3.WeChat(微信・ウィーチャット)内に店舗を開設するときの注意点

WeChat(微信・ウィーチャット)内にネットショップを開設するときには注意したいことがあります。

3-1.Alipay決済には工夫が必要

WeChat(微信・ウィーチャット)はテンセント社が運営しているため、競合であるアリババ社の決済手段であるアリペイ(Alipay)決済と連動させることができないといわれています。しかしアリペイ(Alipay)決済は中国においてポピュラーであることもあり、企業によってはURLやQRコードを貼り付ける形でユーザーがそのURL、QRコードを直接読み込んでアリペイ(Alipay)決済ページにアクセスしてもらうという方法を取っているところもあります。

3-2.中国銀行口座の開設の手間を考慮

また微店(ウェイテン)に出店する際の注意点としては、中国企業であること(現地法人があること)、中国における銀行口座を開設する必要があります。効率的に行えるよう、事前に十分下調べをしておくのがよさそうです。

こうした中国における銀行口座開設の手間を削減するためには、中国での口座開設が不要で、円建てによる決済で運営していくことのできる別の手段を選ぶという方法もあります。例えば、日本企業のJC Connect株式会社が展開する「ShopCN(ショップシーエヌ)」は、WeChat(微信・ウィーチャット)の公式アカウント上にAPIで連携し、自社越境ECサイトを構築できるサービスがあります。

4.まとめ

WeChat(微信・ウィーチャット)内で、ネットショップを運営するメリットは大きいといえます。また、手軽に店舗を開設できるのも魅力です。プロモーションの一環として、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

中国マーケティング実施時におさえておきたい中国SNS最新調査データ無料ダウンロード

  • WeChatやWeiboなどの中国SNSについて知りたい
  • WeChatやWeiboが自社のマーケティングにどの様に役立つのか知りたい
  • WeChatやWeiboがなぜ人気なのか知りたい

会員数約5億人と言われているWeibo、アカウント数11億人のWeChatに関する
最新情報をご提供します。
中国SNS最新市場動向は?
中国SNSはビジネスにどの様に活かせる?
今後の流れは?

など、気になるポイントを
解消していただけます。
ぜひ、貴社の対中ビジネスに
ご活用ください。

中国SNS最新調査データをダウンロード
その他にも
  • ShopCNサービスのご案内
  • WeChat Pay導入支援 サービス概要
  • 中国マーケティング成功ノウハウ10選
  • WeChat/Weixin公式広告サービス概要
  • Weiboを活用した海外需要の取り込み
  • ソーシャルメディアを活用した中国インバウンド戦略 セミナー資料

WeChat公式アカウント内越境ECショップShopCNサービスのご案内

  • 越境ECへ参加する方法について知りたい
  • WeChat公式アカウントでできるプロモーションとは?
  • どのように商品が掲載されるか具体的に見てみたい

日本では今、中国越境ECが
注目されています。
・訪日中国人観光客の爆買いの失速
・中国人の購買力のポテンシャル
・中国帰国後のリピート買い狙い
など、これから越境ECを始めようと
考えている方に
日本初のWeChat公式越境EC構築システム
ShopCNサービス資料を
ご案内いたします。

越境ECショップ ShopCNの資料をダウンロード
その他にも
  • 中国SNS最新調査データ
  • WeChat Pay導入支援 サービス概要
  • 中国マーケティング成功ノウハウ10選
  • WeChat/Weixin公式広告サービス概要
  • Weiboを活用した海外需要の取り込み
  • ソーシャルメディアを活用した中国インバウンド戦略 セミナー資料
PAGETOP