登録者数6億人 中国最大の口コミサイト 大衆点評の公式店舗登録からプロモーションまで
WeChat公式アカウント開設はこちら
WeChat Pay導入はこちら
WeChat 広告配信サービスはこちら
越境ECシステム構築サービスはこちら

最新!中国市場動向~
今、日本企業が中国でビジネスを行うためのヒント~

海外進出、特に中国におけるビジネスチャンスを探している場合、まずは中国における現状を知っておく必要があるでしょう。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受けて世界的に大きく状況が変化する中、どのような方向に発展の余地があるのでしょうか。

そこで今回は、中国でビジネスを始めるヒントとして最近の中国における経済状況やビジネストレンドをご紹介します。

DATE : 2021/01/12

現在の中国の経済状況

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、2020年前半において中国経済はマイナス成長にありました。しかし同年7月頃には徐々に回復へと向かい、実質GDPは数ヶ月後には回復しました。

中国政府は、経済対策やさまざまな分野での投資を行い続けています。中国政府は2020年5月より、国内循環を主体とし、国内と国際の3つの循環を相互に促進するという「双循環」戦略を打ち出しました。輸出と投資、そして消費のバランスをみて政策を実施していく方針です。

今後は、景気回復が続く見通しが立てられています。新型コロナウイルスの影響が和らぎ、消費は回復する見込みで引き続き好調に推移するといわれています。

新型コロナで拡大した中国市場とビジネストレンド

続いて、新型コロナで拡大した中国市場とビジネストレンドについて、注目のトピックスをご紹介します。

2-1.オンライン小売りのシェア拡大

新型コロナウイルスの影響により消費者の消費習慣に変化が現れ、オンライン小売りのシェアが拡大しました。EC需要が増えると、物流が圧迫されることが懸念されます。しかし中国EC主要サイトを運営する各社が新型コロナウイルス以前から物流システムを構築してきたことが功を奏し、新型コロナウイルス感染拡大期においても重要な消耗品の配送などがスムーズかつタイムリーに実現しました。

2-2.ライブコマースの活性化

中国の経済に良い影響をもたらした要因として、インターネットを通じてリアルタイムでライブ配信しながら販売する「ライブコマース」と、先にも述べた先駆的な宅配事業が挙げられています。特にこのライブコマースという新しい販売方法は対面販売を自粛せざるを得なくなったコロナ禍においてさらに進展し、今では消費の新たな原動力となっています。

2-3.オンラインビジネスの急拡大

新型コロナウイルス感染拡大初期には、対面販売が難しくなったためライブコマースを含めたオンラインビジネスが急速に広まったことは先述の通りです。さらにオンライン診療やオンライン教育、WeChat(微信・ウィーチャット)による通話など、新しいオンラインコミュニケーションが促進されたのも大きなトピックスです。特にオンライン医療分野ではめざましい発展が期待されています。

2-4.5Gの商用化が加速

新型コロナウイルス対策をしながら日常生活を送り、ビジネスをするにあたって、技術革新は欠かせないことです。中国第5世代移動通信システム(5G)やクラウド、ビッグデータ、AIなどの技術は中国の経済成長の大きな支えとなっています。特に5Gについては、2019年11月の商用サービス開始より官民挙げて推進に取り組んでいます。工場のほか、医療や小売りの分野でも商用化が加速すると見られています。

2-5.越境ECの成長が顕著

2020年上半期(1~6月)の貿易実績について、コロナの影響でモノの貿易額が前年同期比3.2%減となった一方、越境EC貿易が2桁成長を達成しました。

また中国ECの大手アリババグループ傘下の海外向けECサイト「全球速売通(アリエクスプレス)」では2020年3月の新規出店数が前月の2.3倍となり、中国製の家電や玩具、電子製品などについて海外での売り上げが急増したと報じられています。特にスペイン市場では中国製の冷蔵庫の売り上げが8倍、欧米市場ではウイッグの成約額が2倍になったといいます。

まとめ

新型コロナウイルス感染症拡大を受け、中国も他国同様、大きな経済的打撃を受けましたが、早期対策により順調に回復を果たしました。中でもオンライン市場は大きく進展し、以前にも増して活性化しているようです。

中国でビジネスを行うに当たっては、こうしたトレンドに乗って推進することが成功につながると考えられます。

中国マーケティング実施時におさえておきたい中国SNS最新調査データ無料ダウンロード

  • WeChatやWeiboなどの中国SNSについて知りたい
  • WeChatやWeiboが自社のマーケティングにどの様に役立つのか知りたい
  • WeChatやWeiboがなぜ人気なのか知りたい

会員数約5億人と言われているWeibo、アカウント数11億人のWeChatに関する
最新情報をご提供します。
中国SNS最新市場動向は?
中国SNSはビジネスにどの様に活かせる?
今後の流れは?

など、気になるポイントを
解消していただけます。
ぜひ、貴社の対中ビジネスに
ご活用ください。

中国SNS最新調査データをダウンロード
その他にも
  • ShopCNサービスのご案内
  • WeChat Pay導入支援 サービス概要
  • 中国マーケティング成功ノウハウ10選
  • WeChat/Weixin公式広告サービス概要
  • Weiboを活用した対中国向けプロモーションのご提案
  • ソーシャルメディアを活用した中国インバウンド戦略 セミナー資料

WeChat公式アカウント内越境ECショップShopCNサービスのご案内

  • 越境ECへ参加する方法について知りたい
  • WeChat公式アカウントでできるプロモーションとは?
  • どのように商品が掲載されるか具体的に見てみたい

日本では今、中国越境ECが
注目されています。
・訪日中国人観光客の爆買いの失速
・中国人の購買力のポテンシャル
・中国帰国後のリピート買い狙い
など、これから越境ECを始めようと
考えている方に
日本初のWeChat公式越境EC構築システム
ShopCNサービス資料を
ご案内いたします。

越境ECショップ ShopCNの資料をダウンロード
その他にも
  • 中国SNS最新調査データ
  • WeChat Pay導入支援 サービス概要
  • 中国マーケティング成功ノウハウ10選
  • WeChat/Weixin公式広告サービス概要
  • Weiboを活用した対中国向けプロモーションのご提案
  • ソーシャルメディアを活用した中国インバウンド戦略 セミナー資料

「微信(ウィーチャット)」は、中国テンセント社が運営する中国No.1のチャットアプリです。
当社では微信を使った様々な広告サービスをご用意しております。

「微博(ウェイボー)」とは中国の新浪公司が提供している中国No.1のミニブログです。当社では、微博公式アカウント開設・認証のお手伝いの他、運用に関わる様々なユーザーサポートサービスを提供しています。ユーザーの権利を保護し、なりすましアカウントの被害を最小限に抑えます。

「大衆点評」は世界中の店舗情報と消費者によるレビューを掲載する中国最大の生活情報アプリです。掲載情報はレストランに留まらず、ショッピング、エンターテイメント、ホテル、サロン、クリニックなど3000万件以上の登録店舗数で日本へ旅行する中国人にとって欠かせない情報ツールになっています。

PAGETOP