ジンドン(京東)

蘇州出身の刘强东(リゥ・チャンドン)を創設者とするジンドンは、家電や家具、PC、衣類、食品や書籍をネット販売しているeコマースです。

NASDAQ上場は2014年で、通販サイトの約半数のシェアを占めています。

 

ネット販売としては、アリババの方が早く、規模も大きいのが特徴です。

ジンドンとアリババは協力関係にはなく、中国eコマースにおける最大のライバル関係を築いています。今現在でもシェア争いは続いており、特に越境ECでのシェア争いは顕著です。

 

テンセントはジンドンの筆頭株主で、テンセントの株保有比率はジンドンCEO刘强东の保有比率より多いと言われています。WeChatはすでに10億の月間アクティブユーザーを所有しており、ジンドンは顧客獲得などの面でWeChatから大きな恩恵を受けています。

テンセントがジンドンの大株主であるため、ジンドンはマーケティングにWeChatから得られたビッグデータやユーザーの行動データを活用しています。

WeChatアプリやQQアプリにもジンドンへのリンクが有り、ユーザーがジンドンへ流れるように工夫されています。

 

ジンドンにはJOYBUYという国際版が存在します。

英語表記であるとはいえ、国際発送に対応しており、日本からでもジンドンの商品が

気軽に手に入ります。

国際発送料金がかかるものの、ペイパル、クレジットカードが利用できるので、とても便利です。

 

ジンドンは2007年から、この独自の配送ネットワークを使用しており、10年以上かけて効率化を図ってきました。

 

CEOの刘强东は、中国国内のECサイトに関して配送業者に対するクレームが多いことに気づき、この方針を取ったのです。

自社物流システムを利用しているので、配送スピードも速く、大抵の都市部は翌日配達が可能です。

デリバリーに対する顧客の満足度を追求する点で、ジンドンはタオバオとは全く異なります。

 ジンドンの集荷センターでは、現在無人化が進められており、フォークリフトによる

ピッキングやトラックへの積み込みが全て自動化されています。また、ジンドンはドローンや無人配送車による配送も試みています。

中国マーケティングお役立資料7選

サービスのご紹介

急速に成長し続けている中国越境EC市場へ
これから参入を検討されている企業様におすすめのサービスです。

越境ECサービス

越境EC構築システム「ShopCN」

越境EC構築システム『ShopCN(ショップシーエヌ)』は、月間10億以上のユーザー(2018年3月時点)が利用する「WeChat/微信」の公式アカウント上に API で連携、自社越境 EC サイトを構築できる日本初のサービスです。

越境EC構築システム「ShopCN」

越境ECサイト「淘最(タオズイ)JAPAN」出品代行サービス

WeChat内の越境ECサイト「淘最(タオズイ)JAPAN」に最短1週間のスピード出品が可能なサービスです。日本語による商品情報の提供と、国内倉庫に商品を送っていただくだけ!自社ECサイト構築が不要なため、低コストで早期に始めたい企業様におすすめです。

越境ECサイト「淘最(タオズイ)JAPAN」出品代行サービス

その他サービス

WeChat/Weixinプロモ―ション事業

「微信(ウィーチャット)」は、中国テンセント社が運営する中国No.1のチャットアプリです。
当社では微信を使った様々な広告サービスをご用意しております。

WeChat/Weixinプロモ―ション事業

Weiboプロモ―ション事業

「微博(ウェイボー)」とは中国の新浪公司が提供している中国No.1のミニブログです。当社では、微博公式アカウント開設・認証のお手伝いの他、運用に関わる様々なユーザーサポートサービスを提供しています。

Weiboプロモ―ション事業

大衆点評

「大衆点評」は世界中の店舗情報と消費者によるレビューを掲載する中国最大の生活情報アプリです。
3000万件以上の登録店舗数で日本へ旅行する中国人にとって欠かせない情報ツールになっています。

大衆点評
PAGETOP