ジンドン(京東)

蘇州出身の刘强东(リゥ・チャンドン)を創設者とするジンドンは、家電や家具、PC、衣類、食品や書籍をネット販売しているeコマースです。

NASDAQ上場は2014年で、通販サイトの約半数のシェアを占めています。

 

ネット販売としては、アリババの方が早く、規模も大きいのが特徴です。

ジンドンとアリババは協力関係にはなく、中国eコマースにおける最大のライバル関係を築いています。今現在でもシェア争いは続いており、特に越境ECでのシェア争いは顕著です。

 

テンセントはジンドンの筆頭株主で、テンセントの株保有比率はジンドンCEO刘强东の保有比率より多いと言われています。WeChatはすでに10億の月間アクティブユーザーを所有しており、ジンドンは顧客獲得などの面でWeChatから大きな恩恵を受けています。

テンセントがジンドンの大株主であるため、ジンドンはマーケティングにWeChatから得られたビッグデータやユーザーの行動データを活用しています。

WeChatアプリやQQアプリにもジンドンへのリンクが有り、ユーザーがジンドンへ流れるように工夫されています。

 

ジンドンにはJOYBUYという国際版が存在します。

英語表記であるとはいえ、国際発送に対応しており、日本からでもジンドンの商品が

気軽に手に入ります。

国際発送料金がかかるものの、ペイパル、クレジットカードが利用できるので、とても便利です。

 

ジンドンは2007年から、この独自の配送ネットワークを使用しており、10年以上かけて効率化を図ってきました。

 

CEOの刘强东は、中国国内のECサイトに関して配送業者に対するクレームが多いことに気づき、この方針を取ったのです。

自社物流システムを利用しているので、配送スピードも速く、大抵の都市部は翌日配達が可能です。

デリバリーに対する顧客の満足度を追求する点で、ジンドンはタオバオとは全く異なります。

 ジンドンの集荷センターでは、現在無人化が進められており、フォークリフトによる

ピッキングやトラックへの積み込みが全て自動化されています。また、ジンドンはドローンや無人配送車による配送も試みています。

中国マーケティング実施時におさえておきたい中国SNS最新調査データ無料ダウンロード

  • WeChatやWeiboなどの中国SNSについて知りたい
  • WeChatやWeiboが自社のマーケティングにどの様に役立つのか知りたい
  • WeChatやWeiboがなぜ人気なのか知りたい

会員数約5億人と言われているWeibo、アカウント数11億人のWeChatに関する
最新情報をご提供します。
中国SNS最新市場動向は?
中国SNSはビジネスにどの様に活かせる?
今後の流れは?

など、気になるポイントを
解消していただけます。
ぜひ、貴社の対中ビジネスに
ご活用ください。

中国SNS最新調査データをダウンロード
その他にも
  • ShopCNサービスのご案内
  • WeChat Pay導入支援 サービス概要
  • 中国マーケティング成功ノウハウ10選
  • WeChat/Weixin公式広告サービス概要
  • Weiboを活用した対中国向けプロモーションのご提案
  • ソーシャルメディアを活用した中国インバウンド戦略 セミナー資料

WeChat公式アカウント内越境ECショップShopCNサービスのご案内

  • 越境ECへ参加する方法について知りたい
  • WeChat公式アカウントでできるプロモーションとは?
  • どのように商品が掲載されるか具体的に見てみたい

日本では今、中国越境ECが
注目されています。
・訪日中国人観光客の爆買いの失速
・中国人の購買力のポテンシャル
・中国帰国後のリピート買い狙い
など、これから越境ECを始めようと
考えている方に
日本初のWeChat公式越境EC構築システム
ShopCNサービス資料を
ご案内いたします。

越境ECショップ ShopCNの資料をダウンロード
その他にも
  • 中国SNS最新調査データ
  • WeChat Pay導入支援 サービス概要
  • 中国マーケティング成功ノウハウ10選
  • WeChat/Weixin公式広告サービス概要
  • Weiboを活用した対中国向けプロモーションのご提案
  • ソーシャルメディアを活用した中国インバウンド戦略 セミナー資料
PAGETOP