盲盒(マンホー、ブラインドボックス)

盲盒(マンホー、ブラインドボックス)とは、日本の「ガチャガチャ」の箱入り版のことです。箱にはおもちゃなどが入っていて、消費者は購入するまでどの種類のおもちゃが箱に入っているのかわかりません。中には希少なキャラクターが入っていることもあり、それを入手するためにお金をつぎ込み買い続ける人もいます。

盲盒(マンホー、ブラインドボックス)は2019年頃から中国で販売が始まり、特に若い世代に人気があります。購入者の75%は女性という調査結果も出ています。2019年の中国の盲盒(マンホー、ブラインドボックス)市場規模は74億元、2021年には100億元を超えると予測されています。中国人の若者は物欲がとても強く、「欲しい」と思ったものには際限なくお金をつぎ込んでしまう傾向があると見られています。

箱の中に入っている品物は、当初はキャラクター人形やロボットといった「食玩」と呼ばれる商品でした。近頃は飲食、コスメ、書籍、文具、美容、観光など幅広いジャンルで売り出されており、マーケティングに欠かせない手法となっています。中国ではこの盲盒(マンホー、ブラインドボックス)ブームが過熱し、消費者協会から警告が出る事態になっています。箱を開けるまで中身が分からない「不確実性」が人気の要素となっています。

中国マーケティング実施時におさえておきたい中国SNS最新調査データ無料ダウンロード

  • WeChatやWeiboなどの中国SNSについて知りたい
  • WeChatやWeiboが自社のマーケティングにどの様に役立つのか知りたい
  • WeChatやWeiboがなぜ人気なのか知りたい

会員数約5億人と言われているWeibo、アカウント数11億人のWeChatに関する
最新情報をご提供します。
中国SNS最新市場動向は?
中国SNSはビジネスにどの様に活かせる?
今後の流れは?

など、気になるポイントを
解消していただけます。
ぜひ、貴社の対中ビジネスに
ご活用ください。

中国SNS最新調査データをダウンロード
その他にも
  • ShopCNサービスのご案内
  • WeChat Pay導入支援 サービス概要
  • 中国マーケティング成功ノウハウ10選
  • WeChat/Weixin公式広告サービス概要
  • Weiboを活用した対中国向けプロモーションのご提案
  • ソーシャルメディアを活用した中国インバウンド戦略 セミナー資料

WeChat公式アカウント内越境ECショップShopCNサービスのご案内

  • 越境ECへ参加する方法について知りたい
  • WeChat公式アカウントでできるプロモーションとは?
  • どのように商品が掲載されるか具体的に見てみたい

日本では今、中国越境ECが
注目されています。
・訪日中国人観光客の爆買いの失速
・中国人の購買力のポテンシャル
・中国帰国後のリピート買い狙い
など、これから越境ECを始めようと
考えている方に
日本初のWeChat公式越境EC構築システム
ShopCNサービス資料を
ご案内いたします。

越境ECショップ ShopCNの資料をダウンロード
その他にも
  • 中国SNS最新調査データ
  • WeChat Pay導入支援 サービス概要
  • 中国マーケティング成功ノウハウ10選
  • WeChat/Weixin公式広告サービス概要
  • Weiboを活用した対中国向けプロモーションのご提案
  • ソーシャルメディアを活用した中国インバウンド戦略 セミナー資料
PAGETOP