WeChat(微信・ウィーチャット)でブランディング!競合より強固なブランド認知を

WeChat(微信・ウィーチャット)がプロモーションに大いに活用できることは、他のコラムでもご紹介してきましたが、「ブランディング」にも活用ができるのです。
今回は、ブランディングとは何かを確認し、WeChat(微信・ウィーチャット)でブランディングに成功した日本企業の事例をご紹介します。

DATE : 2018/07/27

1.ブランディングとは

ブランディングとは、Brandにingがついた言葉です。

ブランドとは、商品やサービスが消費者によって識別されているもの、差別化するものを指します。例えば名称、ロゴ、デザイン、パッケージデザイン、価格、使用経験、広告などがあります。

そしてブランディングとは、消費者にブランドの認知を図ることと共に、こちらが意図したブランドイメージを“消費者が自ら抱く”よう、戦略的にアプローチしていくことをいいます。

購買につながるようなブランディングがなされれば、競合他社と比較されたときに、積極的なプロモーションを行わなかったとしても、ブランドイメージが上乗せされることで、選んでもらいやすくなります。

ブランディングは直接的な販促活動ではないものの、同じマーケティング戦略の一つです。消費者が自ら検索し、比較し、選定して購買活動を行う今の時代において、ブランディングはますます重要視されています。

2.WeChat(微信・ウィーチャット)のブランディング事例

2018年3月には月間アクティブユーザー数が10億人を突破したWeChat(微信・ウィーチャット)。企業がマーケティングや販促に活用するケースも少なくありません。このWeChat(微信・ウィーチャット)活用して、ブランド認知を高め、ブランディングを行う企業もあります。その事例をみていきましょう。

2-1.飲食店がWeChat(微信・ウィーチャット)公式広告でブランド認知UP

WeChat(微信・ウィーチャット)には公式広告があります。ある飲食店は、この広告を活用することで、中国人旅行者へアピールし、ブランド力の強い競合他社と明確に差別化。WeChat(微信・ウィーチャット)の公式アカウントにもフォローが爆発的に増えました。そして来店率もアップして、インバウンドにおいていい結果が出ました。

このように、競合他社がWeChat(微信・ウィーチャット)を利用していないのであれば、そのジャンルにおいて、飲食店としてのブランドイメージを強固に植え付けられると考えられます。そして、継続的にブランドイメージを伝え続けることで、ブランディングにつながり、「日本であのジャンルといえばあのお店」と中国人の間で定着していくでしょう。

2-2.宿泊施設がブランディングに苦戦…WeChat(微信・ウィーチャット)で予約数倍増

宿泊施設にとっても、ブランド力がものを言います。しかし、いくらサービスが充実していても、競合が強いと選んでもらうことすら叶いません。そんなとき、WeChat(微信・ウィーチャット)の公式広告を日本旅行に興味のあるユーザーにターゲットを絞って配信したところ、予約数が急激に伸び、リピーターもでてきた宿泊施設があります。これはまさにブランディングが成功した事例といえます。いまは宿泊先もネット上で出てきた候補から選ぶ時代。差別化できる要素といえば、いかにブランドイメージを良くするかということと、良好なコミュニケーションを行うことにあります。

公式広告のみならず、日々の投稿やプッシュ通知などが、ブランディングを後押ししたと考えられます。

2-3.公式アカウントページを高いクオリティで作り込む

WeChat(微信・ウィーチャット)でのブランディングはもちろん、広告だけではありません。ブランディングの基本である名称やロゴ、イメージを定着させるために、WeChat(微信・ウィーチャット)公式アカウントページも、クオリティの高いデザインでつくり込み、動画を配信してよりブランドイメージを強化することが欠かせません。また、フォロワー限定コンテンツを用意するなどすれば、よりプレミア感が出て貴重なブランドというイメージも植え付けられます。

3.まとめ

WeChat(微信・ウィーチャット)は、日本企業が中国人に対してブランディングを行うための重要なツールといえます。もしインバウンドや越境ECの中で、競合他社との勝負に苦戦しているのであれば、WeChat(微信・ウィーチャット)をフル活用してユーザーの目に触れる位置に自ら進み出て、ブランドイメージを醸成することが重要といえるのではないでしょうか。

中国マーケティング実施時におさえておきたい中国SNS最新調査データ無料ダウンロード

  • WeChatやWeiboなどの中国SNSについて知りたい
  • WeChatやWeiboが自社のマーケティングにどの様に役立つのか知りたい
  • WeChatやWeiboがなぜ人気なのか知りたい

会員数約5億人と言われているWeibo、アカウント数11億人のWeChatに関する
最新情報をご提供します。
中国SNS最新市場動向は?
中国SNSはビジネスにどの様に活かせる?
今後の流れは?

など、気になるポイントを
解消していただけます。
ぜひ、貴社の対中ビジネスに
ご活用ください。

中国SNS最新調査データをダウンロード
その他にも
  • ShopCNサービスのご案内
  • WeChat Pay導入支援 サービス概要
  • 中国マーケティング成功ノウハウ10選
  • WeChat/Weixin公式広告サービス概要
  • Weiboを活用した海外需要の取り込み
  • ソーシャルメディアを活用した中国インバウンド戦略 セミナー資料

WeChat公式アカウント内越境ECショップShopCNサービスのご案内

  • 越境ECへ参加する方法について知りたい
  • WeChat公式アカウントでできるプロモーションとは?
  • どのように商品が掲載されるか具体的に見てみたい

日本では今、中国越境ECが
注目されています。
・訪日中国人観光客の爆買いの失速
・中国人の購買力のポテンシャル
・中国帰国後のリピート買い狙い
など、これから越境ECを始めようと
考えている方に
日本初のWeChat公式越境EC構築システム
ShopCNサービス資料を
ご案内いたします。

越境ECショップ ShopCNの資料をダウンロード
その他にも
  • 中国SNS最新調査データ
  • WeChat Pay導入支援 サービス概要
  • 中国マーケティング成功ノウハウ10選
  • WeChat/Weixin公式広告サービス概要
  • Weiboを活用した海外需要の取り込み
  • ソーシャルメディアを活用した中国インバウンド戦略 セミナー資料
PAGETOP