中国ECの決済手段!人気ランキング

中国における越境ECの支払い手段としては、アリペイ(Alipay/支付宝)やWeChat Pay(微信支付)がトップを占めています。しかし、その他にも中国にはさまざまな決済手段があります。そこで今回は、越境ECのトレンドを知るために、それぞれの決済手段のシェアをはじめ、決済手段の方法について解説します。

DATE : 2018/04/02

1.中国の越境ECの決済手段ランキング

中国の越境ECにおける決済手段は、次の順で人気となっています。

●越境EC利用の際の主な決済システムの利用割合
第1位 第三者決済(82.9%)
          …アリペイ(Alipay/支付宝)やWeChat Pay(微信支付)など
第2位 ネットバンキング(クレジットカード、デビットカード)(65.3%)
第3位 クイック支払(53.8%)
第4位 携帯電話(52.6%)
第5位 現金引換(49.7%)
第6位 郵便局・銀行振込(14.4%)
第7位 商品券およびプリペイドカード(9.0%)
第8位 その他(0.6%)

出典:中国互聯網絡信息中心「2014年中国ネットショッピング市場研究報告」

https://www.jetro.go.jp/biz/sensor/special/2017/12/a93c240657c03189.html

約80%と多くを占めているのが、第三者決済です。第三者決済の第三者とは、第三者の独立機構が、国内外の大型銀行と契約することで提供する取引支援サービスということを意味します。具体的にはアリペイ(Alipay/支付宝)やWeChat Pay(微信支付)などを指します。

ネットショッピングの決済手段といえば、日本ではクレジットカードのイメージが強いですが、中国ではこうした第三者決済が多くのシェアを誇るという特徴があります。

2.それぞれの決済手段の特徴について

では、中国の越境ECにおける上位5位の決済手段について、その特徴をご紹介していきます。

2-1.第三者決済

アリペイ(Alipay/支付宝)やWeChat Pay(微信支付)など第三者決済は、商品購入者が第三者の口座に代金を振り込むところから始まります。直接店舗の口座へは振り込まれない仕組みになっているのが特徴です。
第三者とはアリペイ(Alipay/支付宝)を運営するアリババや、WeChat Pay(微信支付)を運営するテンセントなどのことで、これらのアリペイ(Alipay/支付宝)やWeChat Pay(微信支付)などのプラットフォームが提供する口座に、顧客から代金が振り込まれた後、
店舗に「振込完了」という通知が届きます。これを受け、店舗側は商品を顧客へ発送します。代金が第三者から店舗側に振り込まれるのは、商品がきちんと顧客に届き、問題がないことを顧客が確認し、第三者に対して「ちゃんと注文した商品が届き、中身も問題ありませんでした」という旨を伝えた後になります。
中国でこの第三者が仲介する決済手段が最も人気が高い理由は、中国ではトラブルが多いためです。届いた商品が破損していたり、そもそも商品が届かなかったり、まったく異なる商品が届いたりした後、問い合わせても店舗はすでになくなっていたというケースも少なくないのです。信頼のおける第三者機関を挟むことで、安心して購入できるところが人気を集めているようです。

2-2.ネットバンキング(クレジットカード、デビットカード)

クレジットカードは日本では当たり前のようにECで利用されていますが、一方で、デビットカードは日本ではそれほど普及していません。JCBが日本全国の20~60代の男女3,500人に対して行った2017年調査によると、クレジットカード保有率は85.1%だったのに対し、デビットカードは21.5%となっています。
それと比べると、中国ではデビットカードはとてもポピュラーです。主なデビットカードに「銀聯カード」がありますが、中国銀聯の2015年時点の発表によると、世界での累積発行枚数は50億枚を超えたといわれています。越境ECでももちろん利用できる機会の多い国際的な決済手段となっています。

2-3.クイック支払

クイック支払とは、あらかじめ取得したアカウントに対し、金融機関のキャッシュカードの番号や携帯電話番号を登録しておくことで、支払い時にパスワードと認証コードを入力するだけで金融機関の口座から即時引き落としされる決済手段です。デビットカードと似ていますが、同様に、あらかじめ口座にお金を入金しておく必要がありますが、デビットカードは中国では広く普及しているため、慣れ親しんだ方法であるようです。

2-4.携帯電話

携帯電話というのは、携帯電話を利用した支払い方法です。第三者決済と重複している回答があります。

2-5.現金引換

いわゆる代金引換、代引、着払いという決済方法です。届いた商品と引き換えに現金でお金を払います。

3.まとめ

中国の越境ECでは、確実に商品が顧客の元に届いてはじめて店舗へ代金が振り込まれる第三者決済が主流になっています。これは、詐欺や偽造品などの多い中国だからこその、信頼性をより多く求めるしくみといえます。
また、第三者決済に押されてはいるものの、デビットカードが相変わらず多く利用されていることは、日本と異なる点であることから注目したいところです。

中国マーケティング実施時におさえておきたい中国SNS最新調査データ無料ダウンロード

  • WeChatやWeiboなどの中国SNSについて知りたい
  • WeChatやWeiboが自社のマーケティングにどの様に役立つのか知りたい
  • WeChatやWeiboがなぜ人気なのか知りたい

会員数約5億人と言われているWeibo、アカウント数11億人のWeChatに関する
最新情報をご提供します。
中国SNS最新市場動向は?
中国SNSはビジネスにどの様に活かせる?
今後の流れは?

など、気になるポイントを
解消していただけます。
ぜひ、貴社の対中ビジネスに
ご活用ください。

中国SNS最新調査データをダウンロード
その他にも
  • ShopCNサービスのご案内
  • WeChat Pay導入支援 サービス概要
  • 中国マーケティング成功ノウハウ10選
  • WeChat/Weixin公式広告サービス概要
  • Weiboを活用した海外需要の取り込み
  • ソーシャルメディアを活用した中国インバウンド戦略 セミナー資料

WeChat公式アカウント内越境ECショップShopCNサービスのご案内

  • 越境ECへ参加する方法について知りたい
  • WeChat公式アカウントでできるプロモーションとは?
  • どのように商品が掲載されるか具体的に見てみたい

日本では今、中国越境ECが
注目されています。
・訪日中国人観光客の爆買いの失速
・中国人の購買力のポテンシャル
・中国帰国後のリピート買い狙い
など、これから越境ECを始めようと
考えている方に
日本初のWeChat公式越境EC構築システム
ShopCNサービス資料を
ご案内いたします。

越境ECショップ ShopCNの資料をダウンロード
その他にも
  • 中国SNS最新調査データ
  • WeChat Pay導入支援 サービス概要
  • 中国マーケティング成功ノウハウ10選
  • WeChat/Weixin公式広告サービス概要
  • Weiboを活用した海外需要の取り込み
  • ソーシャルメディアを活用した中国インバウンド戦略 セミナー資料
PAGETOP