知っておくべき中国越境ECの利用ユーザー像

今、中国越境ECが活性化しています。日本企業も数多く中国越境ECへ参入する中で、その利用ユーザー像は気になるところです。果たして、どのような人が多く利用しているのでしょうか。

今回は、中国越境ECでよく購入しているユーザー像をみていきましょう。

DATE : 2017/09/26

1. 中国越境ECにおける利用ユーザー層

1-1. 中国越境ECの利用者数

中国の調査会社iiMedia Research社のレポートによると、2016年は中国越境ECの海外サイトからの購入、海外へのECサイトを通じた販売の取引規模は6.3兆元、日本円にすると約104兆円にも上るといわれています。

また、同調査では、越境ECサイトを利用する中国人の数は2016年で4,100万人になり、2015年の2,300万人と比べて約2倍になっています。

このデータだけを見ても、中国越境ECの利用者数増加の勢いはすさまじいものがあるといえます。今後も増加が続くことは予測できます。

1-2. どんな層が利用している?

こうした中、中国越境ECでは主にどのようなユーザー層が利用しているのでしょうか。

同iiMedia Research社のレポートによると、性別では女性が約7割と圧倒的に多く、年齢は19~40歳が84%。そして最も多いのは、東部地区の45.2%、一線都市と二線都市が77.4%となっています。ちなみに一線、二線とは、中国の核都市の経済レベルなどを表すもので、北京や上海などは一線都市、二線都市は一線都市に次ぐ都市が相当します。

これらのことから、越境EC利用者は主に都市部の働き盛り、及び子育て世代の女性であることが分かります。

また、アマゾン中国の越境EC利用ユーザーのデータも参考になります。2016年は35歳以下で、大卒以上のユーザーが9割を超えています。高所得層の比率も62%となっています。

2. どのようなものを買っている?

「PayPal and Ipsos,”PayPal Cross-Border Consumer Research 2016”」によれば、中国人消費者の越境EC利用における売れ筋商品の1位は同率で「アパレル、靴、アクセサリー」「化粧品」がランクインし、それぞれ55%を占めています。

そして3位は「食品、飲料、アルコール」で44%、4位は「コンピューター、タブレット、モバイル電子機器」で36%、5位は「旅行」33%となっています。

やはり女性利用者のほうが多いからか、ファッションやメイク・スキンケアに関する消費が多いです。

では、彼らはどれくらいの頻度で購入しているのでしょうか。iiMedia Research社の2016年調査では、「月に1回」が最も多く27.3%、次いで「2か月に1回」が23.1%となっています。毎月、もしくは隔月で越境ECを利用しています。

3.多様な越境ECプラットフォーム

3-1. 越境ECプラットフォームランキング上位4位

ところで、中国人消費者たちは、どのようなプラットフォームで買い物をしているのでしょうか。複数ある越境ECプラットフォームのうち、iiMedia Research社の同調査では、次の順で利用頻度が高い結果になっています。

1位「網易考拉海購(Kaola.com)」21.6%
2位「天猫国際(Tmall Global)」18.5%
3位「唯品国際(global.vip.com)」16.3%
4位「京東全球購(JD Worldwide)」15.2%

中国ECといえば、アリババグループの「天猫(T-mall)」ですが、それをしのいでいるのは「網易考拉海購(Kaola.com)」です。

「網易考拉海購(Kaola.com)」は、2015年1月に開設され、韓国の化粧品などの販売を皮切りに、さまざまな商品を展開しているサイトです。日本からも、資生堂やKOSE、明治、花王などが商品を販売しています。

3-2. WeChat(微信・ウィーチャット)上のECサイトで販売する方法も

日本企業が中国越境ECに取り組む場合、ランキングに上ったような中国の越境ECモールに出店する方法だけでなく、中国で非常な人気を誇るSNSの一つであるWeChat(微信・ウィーチャット)を活用することもできます。

先日、WeChat(微信・ウィーチャット)公式アカウント上に各社独自のECサイトを構築できるシステム「ShopCN (ショップシーエヌ)」が、JC Connect 株式会社よりリリースされました。

そのShopCN は、低コストで手軽にECサイトを運営することができるメリットがあります。決済については、日本企業は円建てでの決済ができるため、中国での銀行口座を開設する必要がないという点も注目です。

決済手段としてWeChat(微信・ウィーチャット)のオンライン決済サービス「WeChat Pay」で決済ができるため、WeChat(微信・ウィーチャット)ユーザーの購買促進にもつながると考えられます。WeChat(微信・ウィーチャット)アカウントでのプロモーションとうまくかけあわせることで、越境ECでの販売の可能性も広がります。

4. まとめ

中国越境ECでは、主に女性、大都市・高収入層へのアプローチが有効といえます。さまざまなプラットフォームを選び、SNSとも連携させてうまく集客していくことがポイントといえます。

中国マーケティング実施時におさえておきたい中国SNS最新調査データ無料ダウンロード

  • WeChatやWeiboなどの中国SNSについて知りたい
  • WeChatやWeiboが自社のマーケティングにどの様に役立つのか知りたい
  • WeChatやWeiboがなぜ人気なのか知りたい

会員数約5億人と言われているWeibo、アカウント数11億人のWeChatに関する
最新情報をご提供します。
中国SNS最新市場動向は?
中国SNSはビジネスにどの様に活かせる?
今後の流れは?

など、気になるポイントを解消していただけます。
ぜひ、貴社の対中ビジネスにご活用ください。

中国SNS最新調査データをダウンロード
その他にも
  • 中国マーケティング成功ノウハウ10選
  • WeChat/Weixin公式広告サービス概要
  • Weiboを活用した海外需要の取り込み
  • ソーシャルメディアを活用した中国インバウンド戦略 セミナー資料
PAGETOP