中国の越境ECのねらい目「化粧品」にまつわる状況

今、中国越境ECでは、化粧品がねらい目だといわれています。ニュースなどを見ていると、確かに外国人観光客の中でも中国人たちは、日本の化粧品を好んで買い求めている姿をよく見かけます。

そこで今回は、中国の購買者にとって、日本の化粧品はなぜ好評なのか、そして、今化粧品をとりまく状況をご紹介します。

DATE : 2017/06/16

1. 日本の化粧品が中国人に好評な理由

1-1. 中国人は越境ECで化粧品を買うのが当たり前

日本の化粧品は、中国人に人気であることは、よくメディアなどで耳にします。PayPal Cross-Border Consumer Research 2015によれば、中国越境ECのうち、人気商品のランキング1位は、「衣料・アパレル」で59%でしたが、第2位は僅差で化粧品・コスメが57%でした。

一方、日本や米国における越境ECに目を向けてみると、上位5位に、化粧品・コスメが見当たりません。もともと、中国の人たちは海外製の化粧品・コスメを買う感覚が、私たち日本人もしくは米国人の感覚よりも当たり前になっているようです。

1-2. 日本観光においてもよく買われている

また、観光庁「訪日外国人消費動向調査(2014年)では、「化粧品・香水」や「電気製品」などが、日本への中国人観光客が良く買う商品の上位に挙がっています。

このことから、中国人たちは越境ECにおいても、日本で観光する際にも、化粧品を買う意識は高いといえます。

1-3. 日本の化粧品は高品質で信頼性が高い

また、なぜ日本の化粧品が愛されるのか、ということについては、そこかしこで日本の製品の「高品質」「ブランド力」「信頼性の高さ」などが、中国におけるそれと比べて大きく勝っている点が挙げられています。

2. 「円高元安」で安い化粧品に注目が集まる

かつて「爆買い」といわれていた時期が過ぎ去った今、「円高元安」が続いていることもあり、注目を集めているのが、安価に手に入る化粧品です。

こうした円高元安時には、高級ブランド品などについては日本でしか手に入らないものだけに目が行く傾向があります。一方、安価に手に入る化粧品、トイレタリー、医療品などは、「複数商品の少数買い」の傾向が出てきます。自分で買うものがメインとなり、友達や家族にはお土産程度に買うのが一般的です。

3. 新税制では安価な化粧品ほど実質増税に

中国で越境ECに関する新税制が発表された2016年4月8日以降、化粧品分野でも影響を受けています。一般貿易などとの不公平さを埋めるために、行郵税が廃止され、増値税が基本17%、そして消費税が70%課税されることになりました。

結果、「保税区モデル」、つまり中国に保税倉庫を置いて商品を在庫するモデルにおいて、化粧品は比較的高い税率となりましたが、2016年10月に減税調整がされました。このとき、分類も「化粧品」と「高級化粧品」の2種類に分けられました。

化粧品:10元/ml(g)もしくは15元/枚(ピース)未満の化粧品
高級化粧品:10元/ml(g)もしくは15元/枚(ピース)に等しい、またはそれ以上の化粧品
(10元は日本円に換算すると160円ほど、15元は240円ほどになります。)

化粧品の税率は次の通りです。

化粧品の税率 11.9%
高級化粧品の税率 26.35%

普通の化粧品については、旧税制では「50元以下は免税」でしたが、新税制では「11.9%」の税が課せられることになりました。実質増税になります。

一方、高級化粧品については、「50元を超える場合は50%の行郵税」が課せられていましたが、新税制では、「26.35%」の税率となり、実質減税となります。

4. まとめ

「爆買い終焉」「円高元安」「新税制」など、中国における化粧品市場は変化が起こっていることは確かなことです。しかしながら、日本の化粧品の品質の高さや信頼性は失われていません。これらの変化により、今後中国人たちにどのような購買変化が起こるのか、十分観測していく必要がありそうです。

中国マーケティング実施時におさえておきたい中国SNS最新調査データ無料ダウンロード

  • WeChatやWeiboなどの中国SNSについて知りたい
  • WeChatやWeiboが自社のマーケティングにどの様に役立つのか知りたい
  • WeChatやWeiboがなぜ人気なのか知りたい

会員数約5億人と言われているWeibo、アカウント数11億人のWeChatに関する
最新情報をご提供します。
中国SNS最新市場動向は?
中国SNSはビジネスにどの様に活かせる?
今後の流れは?

など、気になるポイントを解消していただけます。
ぜひ、貴社の対中ビジネスにご活用ください。

中国SNS最新調査データをダウンロード
その他にも
  • 中国マーケティング成功ノウハウ10選
  • WeChat/Weixin公式広告サービス概要
  • Weiboを活用した海外需要の取り込み
  • ソーシャルメディアを活用した中国インバウンド戦略 セミナー資料
PAGETOP