WeiboとWeChatはどう違う?こうして使い分けよう!

今、中国マーケティングには欠かせない存在となっているSNS。中国圏の人々が、毎日、情報収集や共有、コミュニケーションなどで活用しています。中でも、特に人気なのがWeibo(微博・ウェイボー)とWeChat(微信・ウィーチャット)です。呼び名が似ているこの2つは、どのような違いがあるのか、気になりませんか?
そこで今回は、中国マーケティングに取り組む際に知っておきたい、Weibo(微博・ウェイボー)とWeChat(微信・ウィーチャット)の違いと使い分け方をご紹介します。

DATE : 2016/12/12

1.Weibo(微博・ウェイボー)とは?

Weibo(微博・ウェイボー)は、SINA(新浪・シナ)という中国の会社が運営するSNSで、「ミニブログサイト」とも呼ばれるSNSです。2016年8月のデータでは、個人アカウントの登録数は約5.6億と巨大な規模を誇ります。
その機能を簡単に表現すれば、TwitterやFacebookに似ています。基本的に、個人が多数へ向けて情報発信する用途で使用されます。つまりLINEなどのチャットツールとは異なるというわけです。この点が、次に紹介するWeChat(微信・ウィーチャット)と異なることの一つです。

2.WeChat(微信・ウィーチャット)とは?

一方、WeChat(微信・ウィーチャット)は、Tensent(腾讯・テンセント)という中国の会社が運営するSNSで、LINEやメッセンジャーのようにチャットツールとしての基本機能を持つものです。2016年3月のデータでは、登録ユーザー数は11億を超えており、Weibo(微博・ウェイボー)より勝っています。
企業アカウントも存在しますが、基本的には、個人ユーザー同士が、友人との交流を目的に利用するツールです。

3.Weibo(微博・ウェイボー)とWeChat(微信・ウィーチャット)の違いと使い分け方

先にも紹介したように、この2つのSNSの大きな違いは、「TwitterやFacebook」と「LINEやメッセンジャー」との違いに似ています。
自分が情報発信をするのをメインとしながら、情報をシェアし合うことで交流するのか、それともチャットの会話を通じて直接、情報交換・コミュニケーションを取るかの違いです。
Weibo(微博・ウェイボー)とWeChat(微信・ウィーチャット)のユーザーの利用用途に合わせて、中国マーケティングを変えていくことで、より成果を上げることができると考えられます。では、具体的にはどのように使い分ければいいのでしょうか。それぞれの特性と使い分け方をみていきましょう。

3-1.Weibo(微博・ウェイボー)は「公式情報の発信」向き

企業がWeibo(微博・ウェイボー)を使用して中国におけるマーケティング活動を行う場合、「情報発信の基地」として利用価値があります。ちょうどTwitterやFacebookの公式アカウントページから情報を発信していくのと同じように、Weibo(微博・ウェイボー)においても、不特定多数のユーザーに自社の公式情報を発信していくことができます。さらにWeibo(微博・ウェイボー)は情報の拡散にも長けていることから、自社のブランドイメージを強化することに向いているといえます。
公式アカウントに登録すると利用できる「微博(Weibo・ウェイボー)Feed広告」や「微博(Weibo・ウェイボー)イベントツール」を使えば、フォロワーだけでなく広いユーザーへ必要な情報を届けることができます。「微博(Weibo・ウェイボー)Feed広告」はFacebookのタイムライン広告のように表示でき、自社の情報を見てほしいユーザーに配信することが可能です。「微博(Weibo・ウェイボー)イベントツール」では、クーポンの配布やプレゼントキャンペーン、サンプル配布などが実施できます。例えば、キャンペーンへの参加条件を「公式アカウントフォロー」などにして、フォロワー数増加を図っている企業もいます。

3-2.WeChat(微信・ウィーチャット)は「既知サービス告知・ファン集め」向き

WeChat(微信・ウィーチャット)は、広く情報発信するというよりも、既に認知されているサービスの告知や、ファン集めに向いています。LINEと同様に、ユーザーと直接チャット画面を通じてコミュニケーションできるため、一人一人に親密なメッセージを発信することができます。
Weibo(微博・ウェイボー)は、不特定多数のユーザーに対してキャンペーンを告知し、店舗へ誘導するのが得意である一方、WeChat(微信・ウィーチャット)は、個別にチャットやクーポン配布などのやりとりをしてファンになってもらい、オフラインの実店舗へ誘導するといった使い方が向いています。

4.まとめ

Weibo(微博・ウェイボー)とWeChat(微信・ウェーチャット)、この2つのSNSは、どちらもユーザーたちが最新情報を取得するのに便利なツールであることは共通しています。それぞれの特性を活かして、両方を使い分けることで、より中国マーケティングの成果を上げることができるでしょう。

中国マーケティング実施時におさえておきたい中国SNS最新調査データ無料ダウンロード

  • WeChatやWeiboなどの中国SNSについて知りたい
  • WeChatやWeiboが自社のマーケティングにどの様に役立つのか知りたい
  • WeChatやWeiboがなぜ人気なのか知りたい

会員数約5億人と言われているWeibo、アカウント数11億人のWeChatに関する
最新情報をご提供します。
中国SNS最新市場動向は?
中国SNSはビジネスにどの様に活かせる?
今後の流れは?

など、気になるポイントを解消していただけます。
ぜひ、貴社の対中ビジネスにご活用ください。

中国SNS最新調査データをダウンロード
その他にも
  • 中国マーケティング成功ノウハウ10選
  • WeChat/Weixin公式広告サービス概要
  • Weiboを活用した海外需要の取り込み
  • ソーシャルメディアを活用した中国インバウンド戦略 セミナー資料
PAGETOP