「独身の日」~中国ECサイト総出の激安セール日を制する方法とは?

中国では、11月11日は「独身の日」とされており、毎年、中国全土のECサイト上では、大規模な激安セールが開催されています。

2016年11月11日、中国EC業界 最大手のアリババ社は、当日午後には昨年の1兆4,000億円を超え、最終的には1兆9,000億円ほどを売り上げたと報じられています。
今年は10万以上の企業やブランドが参加し、特に海外ブランドの人気が高く、利用者の約40%が海外の製品を購入したとの事。国別の売れ行きでは日本がトップで米国と韓国が続いた。
この盛大な「独身の日」商戦に、日本企業の越境ECサイトも参戦。しかし、この「独身の日」を制するには、ある重要なポイントがあるのです。

中国ECサイトで売り上げ増強を考えている方へ、この日を制するポイントをご紹介します。

DATE : 2016/11/16

1.中国ECサイトが大盛況!「独身の日」とは?

11月11日が「独身の日」の理由は、「1(シングル)」がずらりと並ぶことから来ているといいます。この独身の日は、近年、中国のECサイトを運営する企業がこぞって大幅値下げをするのが恒例になっています。

もともと独身の日には、盛大にお祝いを行ったり、買い物に出かけたりする習慣があったといわれています。そして2009年、この独身の日に買い物をする習慣に目をつけた中国EC業界最大手のアリババ社が、値引きセールを開催しました。それ以来、独身の日は「ECサイト大幅値下げセールの日」となり、一年のうちで最も中国のECの売り上げが高まる日となりました。各ECサイトがこぞって大掛かりな広告やキャンペーン、イベントなどを開催し、熱いEC商戦が繰り広げられるのです。

今年、アリババ社は、日付が11日に変わってから、たった7時間足らずで、すでに8,900億円の売り上げに達していたといいます。そして、その日の午後には、昨年の売り上げである約1兆4,000億円を超える売り上げを記録しました。その後も順調に売り上げを伸ばし、約1兆9,000億円に達したといわれています。

また、今年は、ヤフーや江崎グリコ、吉野家、三越伊勢丹ホールディングス、メルセデス・ベンツ日本などの大手日本企業も多く参戦しました。

2.日本企業が中国ECサイトで「独身の日」を制するには?

しかし、このような大規模なセールの日に対して、何の施策もなしに参戦しては、大きな契機を逃すことになってしまいます。一体、その「契機」とは何なのか、そして、日本の越境ECがこの「独身の日」を最大限に活用するためのポイントをご紹介します。

2-1.日本企業が間違えがちな「独身の日」の中国ECサイト施策

この独身の日における施策で、よくある間違いがあります。それは、「11月11日は無条件に商品が売れると思い、十分な値引きをせずに出品してしまうこと」です。

しかし、その方法は、大きな間違いなのです。

なぜなら、競合各社も値引きを行っている中、中途半端な値引きは販売量を押し下げる要因となり、この日に獲得できるはずの新規顧客を取り逃がしてしまうためです。

2-2.「独身の日」を制するには?

では、日本企業が中国ECサイトで独身の日を制するにはどうすればいいのでしょうか。
それは、独身の日の当日は、売れ筋商品を、思い切って大幅値引きをすることです。それも、「70~80%OFF」くらいの、極端な値引きをするといいでしょう。

こうすれば、間違いなく販売量が増えます。もともと売れ筋商品は、リピート購入してもらえる可能性が高い商品です。販売量が増えれば、必然的に、リピート購入してもらえる人の数も増えます。その結果、非常に安いコストで顧客獲得ができるようになります。

2-3.「独身の日」は顧客のユーザー情報を獲得する日にする

極端な値引きは、損失が大きいのではないかと思うかもしれません。しかし、当日出た損失は、2回目、3回目とリピート購入に確実につなげて、長期的に、回収すればいいのです。

独身の日の当日は、極端な値下げにより、購買してくれる顧客の数が大幅に増えます。すると、同時に膨大な数の顧客情報を獲得することができます。
そうすれば、以後、マーケティング施策を積極的に打つことができるため、リピートしてもらえる可能性も高まります。また、極端な値下げで、自社に対して好印象を持ってもらえることでしょう。

こうして、継続的な収益につながることで、初回の大幅値下げの損も、いずれ回収していくことができます。

つまり、独身の日は「顧客情報獲得のための日」、と決め込んだほうが、長い目で見たときに、大きな収益につながるというわけです。

3.まとめ

11月11日の「独身の日」は、中国ECサイトでは、そこかしこで激安セールが開催されます。中国ECサイトを運営している日本企業も、ぜひそのチャンスに便乗し、大きな収益につなげたいものです。
そのためには、まずは売れ筋商品に絞り、70~80%という極端な値下げをすることがポイントです。結果的にリピーターが増え、安いコストで顧客獲得が実現します。

ぜひ来年の「独身の日」には、このような施策を心がけ、長期的な売り上げ増大をめざしましょう。

中国マーケティング実施時におさえておきたい中国SNS最新調査データ無料ダウンロード

  • WeChatやWeiboなどの中国SNSについて知りたい
  • WeChatやWeiboが自社のマーケティングにどの様に役立つのか知りたい
  • WeChatやWeiboがなぜ人気なのか知りたい

会員数約5億人と言われているWeibo、アカウント数11億人のWeChatに関する
最新情報をご提供します。
中国SNS最新市場動向は?
中国SNSはビジネスにどの様に活かせる?
今後の流れは?

など、気になるポイントを解消していただけます。
ぜひ、貴社の対中ビジネスにご活用ください。

中国SNS最新調査データをダウンロード
その他にも
  • 中国マーケティング成功ノウハウ10選
  • WeChat/Weixin公式広告サービス概要
  • Weiboを活用した海外需要の取り込み
  • ソーシャルメディアを活用した中国インバウンド戦略 セミナー資料
PAGETOP